FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

白馬のスキー場5

2015.03.24 (Tue)


もう、一度、シャワーを浴び終えたパパ、
バスローブ姿で、ソファーに座ったんですが、
私、そんなしてるパパの両足の間に、笑顔を向けながら、ひざまずいたんです。

0ee5e817-s.jpg


ちょっと、驚いているパパの、まだ、おっきなもの、
私、愛おしそうに頬擦りすると、ゆっくりと、お口に含みました。

一度めの営みで、パパ、しっかりと満足させてくれたんですが、
けれど、心配してたこと、あって。

里子さんのこと。

パパが、里子さんと、また、変なことにならないように、
ほらっ、
男の人って、大事な液、溜まっちゃうと、
女の人の身体に出したくなっちゃうんでしょ。
それが、奥様だったらいいけど、そうじゃないと困ったことになるから。

パパだって、きっと、そうだから、
里子さんと、間違いがないように、私の中に全部出してもらって、
空っぽにしとこうって、そう、思ったのです。

さっき、パパから身体の奥に出してもらった、大切な液、
テッシュ使ってなかったから、少しづつ、秘唇から伝い流れようとしていました。
けれど、そのことより、
パパに、もう一度、いっぱい出してもらって、
今夜、安心して過ごしたかったのです。

0c01c450-s.jpg


「あぁ、出る」
「いっぱい、出して、全部、飲ませて」
私、そう言うと、大好きなパパのものに舌を絡みつかせ、
くちびると手の平を使いながら、一生懸命、髪を揺らしたのでした。

一度、私の中に出してたのに、
驚くような量と、青い匂いに、私、少しむせながら、
大切な液、飲み下しました。
粘り気の強いものが、のどを伝い流れていくのが分かりましたが、
妻としての務めをちゃんと果たせたこと、やっぱり、幸せだと思えたんですよ。

42259283-s.jpg




夕食までの時間、ベッドの上でいちゃいちゃ過ごしました。
レストランに行く前に、早めにビールでも飲もうかって身体を起こしたパパ、
けれど、私、手のひらを胸に誘いながら、
恥ずかしそうにして、パパの身体に跨っていったんです。

パパ、笑いながら、おっきくしてくれました。
私、その大好きなものに指を添えると、開いた太股に誘いました。

5aca4012.jpg

「順子が、自分で入れてるところ、見せて」

そんな言葉に、息を乱しながら、
言われたように、私、ふたりのものが繋がるところ、
パパにしっかりと見てもらえるように、
足の裏をシーツにつけて、
自分の秘唇に、大好きなもの、少しずつ、少しずつ、迎え入れたんです。

181.jpg

押し開かれた快感に、私、大きく仰け反りました。
パパ、そんな私を、嬉しそうに見上げながら、
大好きな私の乳房、ゆっくりと優しく揉んでくれました。

kj686.jpg


すっかりパパのもの、身体の奥まで、迎え入れた私、
もっと、もっと、パパのこと、感じたくて、
恥ずかしいほど、腰を揺らし、パパの腰に自分の腰、擦り付けてました。

パパも私の腰の動きに上手に合わせて、下からゆっくり突き上げてくれて、
二人の恥毛が絡み合い、その音が聞こえるようにも思えたんです。

「パパ、お願い、出して」

いつもは、そんなことないのに、
パパの上に跨ったまま、私、そう言って、それまで以上に腰を激しく振りました。
きっと、里子さんとのこと、あったからでしょうね。

140527c_0024-580x727.jpg


午後から二度、いっぱい出してくれてたのに、
パパ、そんな、いつになく乱れた私のこと、喜んでくれたのでしょう、
私の腰、両手で強く抱き寄せると、動き早めてくれました。

「あぁ、パパ、大好き、お願い、一緒に」

そんな喘ぎに、私の腰が浮き上がるほど強く突き上げると、
曇った声と同時に、射精、始めたくれたんです。

私の中で、それまで以上に、硬く、太くなったこと感じた私、
パパの首に噛り付くと、
自分の奥に注がれ始めた温かなもの、
もっと、もっと、たくさん出してくれるように、
自分ではどうしようもなく、嫌らしく腰を振り続けながら、
悦びに昇りつめる声、聞かせてしまっていたのでした。

d36a9bd1c3236187b7ceca67693b2864-630x393.jpg


スキーよりも、パパとのことで、幸せだった白馬でのスキー旅行。
二泊三日、心配していたこともなくて、とっても、楽しかったです。

春スキーも、こんなんだったら、良いんですけどね。

関連記事
11:39  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
PREV  | HOME |  NEXT