FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

大雪の別荘で4

2015.02.08 (Sun)


男の人って、自分のものの大きさって、気にする人っているんでしょ。
抱かれる女性にしてみると、余り関係ないように思えて、
そんなことより、どれだけ、自分のこと愛しているかが大切だと思えるんです。

「うちの人のって、おっきわよ」
昨年、桐子さんが、そんなこと言ったこと思い出しました。
けれど、林の中の公園で、思いもかけず他人でなくなったあの時は、
その慌ただしさのため、そんなこと、感じるはずもなかったんです。

sc213.jpg


Tさんのもの、私の身体の中を進み、戻り、
奥にまで、すっかり根本まで受け入れ、
その先が、自分の身体の奥にまで届いたことがわかると、
私、大きく口を開いて、彼の背中に回した両手に力を込めました。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg


「どうだい、僕のもの」
ゆっくりと私の身体を楽しむように動き始めると、
彼、耳元に口を寄せてると、曇った声で、言ったんです。

応えることなど、何もできないはずなのに、
私を押し広げて、奥にまで届き突き動き始めたものを感じてしまった私、
「あぁ、太い」
思いかけず、小さく、うなづきながら、言わされてしまったのでした。

see368s.jpg


一瞬、彼のものが、私の中で、それまで以上に、膨らんだような気がしました。
男の人って、そんなふうに言われること、やっぱり、嬉しいんでしょうね。

ゆっくりとした動きが、少しずつ、早く、強く、深く、なってきます。
夫のしか聞かせてはいけない桃色の声が、
我慢することが出来ずに、口から漏れてでました。
それは、少なくとも今だけは、
私が、Tさんのものであることを許してしまったことを告げる
証だったのかもしれません。

03013-600x337.jpg


けれど、その時になって、私、大事なこと思い出したんです。
今夜は、赤ちゃん、危ないってこと、それも、殆ど、間違いなく。



関連記事
09:49  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。