FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

大雪の別荘で3

2015.02.06 (Fri)



残り物をそのままのお皿で冷蔵庫に入れてしまうと、
後は、各自の取り皿とコップを洗うだけでした。
いつもは、女性たちでわいわいと片づけるんだけど、
あらっ、今夜は私だけ?別にかまわないけど。

最後のお皿を洗い終えた私、
手を拭きながら自分たちの二階の部屋に向かいました。
けれど、その途中で、なぜだか、はっと気が付いたのです。
私たちの部屋に、パパ以外に人がいること。

ドアを開くまでもなく、廊下にまで、その声、微かに漏れてました。
それは、明らかに、
男女の営みのとき、女性が聞かせてしまう悦びの声だったのです。

bcf97cad711068dd883e96e6a7b1f70d-630x427.jpg


やだぁ、私がくるってわかってるはずなのに、
妻として納得できないまま、さっきまでいたリビングに降りると、
フローリングの窓際に置かれた、二人掛けのソファーに腰を下ろしたのでした。

case1_img_04.jpg


夕食のときより更に光量を下げた部屋の中、
暖かい暖房と酔い、そして、思いもよらない成り行きに、
ゆらっとした眩暈を感じましたが、その時、隣の和室のドアが開かれたのです。

「おや、どうしたの。ああ、そうか、あいつを里子に取られて居場所がないんだ」

そう言いながらTさん、ゆっくりと私の方に近づいて隣に座ると、
少し強引に肩を抱き寄せたのでした。

素肌の肩を、Tさんの手の平がなぞり、
さっきと同じように、長い髪の下に隠れた耳元に、
熱いくちびる 触れてきたんです。

1a83a069-s.jpg


「駄目よ!」
勿論 私、そう言って、抗いましたよ。
彼の舌先が、耳元を這い回り、そして、耳たぶをそっと噛んだのですもの。

「いやっ、かんにんして」
身体を揺すって、その温かな舌から逃げようとした私に、彼ったら、
「いいだろう、ほら、もう、他人じゃないんだから」
熱い息の中でそう言って、
ベビードールの胸元を大きく開くと、手のひらを滑り込ませてきたんです。

248ff508e4e09538bdd415f3a3561c26-630x804.jpg


本当は聞きたくないその一言と、
ゆっくりと揉まれた乳房からの甘い快感に促された私、
彼の肩口に、そっと頬を寄せてしまったのです。

大好きな主人が、すぐ近くにいるというのに。
けれど、その主人は、今、妻ではない他の女性と抱き合っていること、
それが、私を混乱させたんでしょうね。
いくらもしないうちに、当然のように求められたくちびるさえも、
私、殆ど抗うことなく、許してしまったのでした。

a6dd3de1-s.jpg


逃げる私の舌に絡みついた彼の長い舌、そして、息が止まるほど強く吸われました。
「さぁ」
Tさんに促されるように引き起された私は、
そのまま、リビングの隣にある日本間に、抱かれるように連れていかれ、
Tさんたちのものである、上質な布団の上に二人、絡まるようにして横になりました。

「嫌! 堪忍して」
けれど、その時には、彼のくちびる、もう、私の左側の乳首に吸い付いていて、
私の全身から、あっと言う間に、身に着けているものがなくなったのです。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg


リビング同様、温かではありましたが、
恥ずかしくて、両手で胸元を隠しました。
既に、身体の関係があるTさんでしたが、
それは、夏の朝の慌ただしい営みで、
こんなして、裸の身体を見られること、これが初めてだったのです。

c3737040-s.jpg


そんな両手を引きはがすようにすると、
彼、私の身体、上から見下ろしているのが分かりました。

顔を横に向けて、目をしっかりと閉じて、
その視線から逃れるようにしたつもりだったのに、
「あの時は、こんなふうにして、順子の身体、見られなかったから」って。

そして、ゆっくりと、自分の身体、多い被せてきたのです。
部屋の温度以上と思われる、熱い彼の身体が重なり、
私、もう、観念するしかないって、そう、思ったのです。
思い出せない、彼の良い香りが私の身体を包んでいました。

5774bcf9b85a9518e56905a2118b3712-630x456.jpg


くちづけを受け、乳房を愛され、
気持ちとは裏腹に、私の身体、Tさんを迎える準備を終えていました。
呼吸をするたびに、秘唇から、知られたくない恥ずかしい透明な蜜液が、
溢れ漏れていたのが、自分にも分かったのです。

「今夜は、ゆっくりと順子の身体、楽しませてくれよ」
その言葉の終わらないうちに、
彼の、驚く程熱い男の人のものが、私の濡れそぼった秘唇を押し広げ始めました。

67d0636d-s.jpg

あなたがいけないのよ

Tさんのもの、少しずつ迎え入れながら、
今、ここにはいない大好きな主人に、私、そう言うしかなかったのです。

2f16f2f1284fc57e7413c5ea22ff940e-630x472.jpg




関連記事
10:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |