FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

大雪の別荘で6

2015.02.20 (Fri)



Tさん、一度、硬くなっていた私の乳首を、くちびるで暫く楽しむと、
そっと身体を起こし、今まで私の身体と繋がっていた男の人のもの、
ゆっくりと抜き出しました。

afc2cc15e8c229ad2537afbc7fb10801-630x456.jpg

始めて入れられた時と同じようなその太い先が、
私の秘唇の入り口を通るとき、
アンって、甘い声を上げた私。

けれど、その時になって、さっきまで身体の奥にあった温かなもの、
彼のものと一緒に、身体の外に出て行ったことが感じられたのです。

少しだけ頭を上げた私の目に、大きく開いた自分の白い太腿の間にある、
たった今まで自分と繋がっていた、彼の男の人のものが見えました。

433f2190-s.jpg


えっ!
驚いて目を見開いた私に、
「ほら、こんなに」って、
スキンの先に溜まった、白い男の人の液、笑顔を浮かべながら揺らしたんです。

確かに、それは、驚く程の量だと思えました。
硬さの変わらないだろう、スキンに被われた彼の男の人のものの先に、
白いたっぷりとしたものが溜まり、
ちょっと露骨に、垂れ下がっていたのです。

けれど、いつの間に?
あぁ、私が一度目のアクメで、朦朧としてるとき、
彼、付けてくれてたんですね。

「皆 幸せのままでいたいからね」
彼、穏やかな声で、そう言うと、スキン、ゆっくりと外しました。

SemenInCondom.jpg

女の身体の情感に流されて、我慢することできなくて、
私、とんでもないこと、しようとしてたんですね、皆が不幸になってしまうような。
それを、彼、上手に避けてくれたんです。

思わず私、彼の腰に縋り付くと、
彼の精液と、私の愛液に濡れたもの、
愛おしむように手のひらで包み、ゆっくりとお口に含みました。

そして、彼のものの中に残っていた、名残の液を、
くちびるを使い、舌を巻き付かせながら、一生懸命吸い出したのです。
それが、今の自分にできる、たったひとつの、お礼だと思えるのでした。

01668.jpg


そんな私の横顔を眺めていたTさん、私のくちびるから自分のものを抜くと、
代わりに、指先で私のくちびるをなぞりました。

背筋に、走るような快感を感じた私、
そっと目を開くと、
彼の手の先に、さっき、自分のものから外したスキンが下がっていました。
そして、そのスキンの口が、ゆっくりと、私のくちびるにあてがわれようとしていたのです。

ほんとは、私の身体の中に注がれるはずだった彼の液。
私、目を見開くと、彼にわかるように、はっきりとうなづいてました。

私のくちびるにあてがわれたスキンの口から、
どろりとした彼の液が、少しずつ、私の口の中に注ぎ込まれてきます。

所々、塊のようなものさえ感じられたその液は、舌の上に伝い溢れ、口の中を満たしました。
強い匂いと、粘り気のため、二度、三度、私、むせるようにしながらも、
されるがまま、懸命に飲み下したのです。

02455.jpg


喉を伝い、胸を伝い、そして、お腹に流れ込むだろう彼の液。
私の全身に滲みわたって、彼のこと、忘れられない身体になるんだろうなぁって、
私、そっとまぶたを閉じながら、そう、思ったのでした。

10ede1c5-s.jpg


「いらないだろうって思ったけど、持ってきて良かった」
横になった私の長い髪を、自分の指で優しく梳きながら、そう、言ってくれた彼、
寝具の傍に置いてあるスキンの小さな箱から、もう、ひとつ抜き出すと、
私は、言われもしないのに、そっと、それを彼の手から取り、
袋の端を破ると、ためらうことなくお口に含み、
そのまま、さっきまで、私の中にあった彼のものに口を寄せました。

hqdefault.jpg

大学時代M先生からしっかりと教えられたお口を使ったスキンの付け方。
随分と練習させられ、心ならずも上手になってしまいました。
パパとの営みの時、今は、当たり前にするんですが、
上手だねって褒められること、やっぱり、嬉しくはないですよね。

スキンの匂いが嫌だって言う友達もいますが、
私は、いたって平気ですよ。
まあ、そんなことしてる時って、身体の要求の方が、最優先ですから。

「上手なんだね」って、やっぱり、Tさんも、そう言いました。
彼のものからくちびるを外した私、恥ずかしそうにするしかなかったんです。

518.jpg


私の腰に、彼の両手が当てられ、
その手の力の加わり方に誘われるようにして、
私、両肘と両膝をシーツにつけると、彼に白い背中を向けました。
そして、もう一度、彼の手が腰に当てられると、
高さを調整するみたいにして、それまで以上に、お尻を上げさせられたんです。

2a07df98-s.jpg

後ろから動物たちのように愛されること、もう、抗えませんでした。
彼が心の底から満足できるまで、自分の身体のすべてを与えることしか、
その時の私には、考えられなかったのです。

関連記事
13:59  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
PREV  | HOME |  NEXT