FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

年末の京都2

2015.01.20 (Tue)


次の日の朝、叔母さんと皆の朝食を作りました。
高校時代の3年間、このお家に住んでたこともあり、
台所のどこに何があるか知ってて、段取りいいんですよ。

arasiyama-fuyu.jpg


午後から皆で嵐山周辺を散策した後、お昼は湯豆腐をいただきました。
豆腐がどうしてあんなに高いのって
言われることありますが、やっぱり納得のお味です。
美味しかったですよ。

03.jpg


そのまま旅館に到着しました。
今夜は、日頃娘たちがお世話になってる叔父さんたちご夫婦をご招待。
早速、各部屋に分かれて、お部屋のお風呂を楽しみました。
娘たち二人にも、一部屋割り当てしてあげたんですけど、
子どもたちには、ちょっと、贅沢だったかなぁ。

img68627451.jpg


湯船に浸かると、ガラス越しに綺麗な庭先が見えて、風情がありました。
胸元にお湯を掛けながら、全身を伸ばし、すっかり、寛いでいたのに、

「一緒に」って、パパ、浴室に入ってきたんです。

タオルで隠すことなんてしないから、
やだぁ、もう、
おへそに着きそうなくらいにおっきくなったものを、
眩しそうにして目を伏せた私に近づけてきたんです。

1873-24s.jpg


嫌じゃありませんでしたよ。
だって、大好きなパパの、それも、私の一番大好きなもの。
私、そっと細い指を絡ませ、ゆっくりと動かしてあげると、
パパ、膝をかくんってして、曇った声聞かせたんです。
気持ち良いのかなぁ、だったら、良いけど。

言われるまでもなく、私の方が我慢できなくなっていました。
パパのものの先に浮かんでいた透明な小さな玉を、舌先でそっと舐める取ると、
少しずつ、お口の中に含んだんです。
奥まで入らないくらい、大きく固くしてくれてたパパのものに、
舌を巻き付かせながらゆっくりと髪を揺らします。

e6c8611262f6fb9d9e63854efffb5ea0-630x767.jpg


いつも言うように、こうするのって、女性もすごく感じますよね。
私も、パパにサービスしてあげてるつもりだったのに、
もう、おびただしく、自分の身体が濡れだしたのがわかったのでした。

パパの腰の動きが段々と強くなって、奥まで突かれだしました。
私、少しむせながらも、一生懸命、くちびると、舌と、指を使ったんです。

このまま、飲まされるのかしら、
パパがそうしたいのなら、しょうがないけど、
やっぱり、それはもったいない気がしました。

今夜の時間は随分と永くあるんだから、
ここでは我慢してもらいたいと思い直したんです。

「今夜 お願いね」
そういうと、もう一度、のどの奥まで含み直し、
唾液で濡れたパパのもの、柔らかい手のひらの中で動かしました。

でも、浴槽から出て、パパの横をすり抜けようとしたとき、
「ちょっとだけ」って、裸の腰を後ろから抱き寄せられたのです。

140507c_0025-580x326.jpg

さっきまで私の口の中で脈づいていたパパのものに、
後ろから、二度、三度突かれると、
滲み始めていた愛液とお湯に助けられて、
いつも以上におっきく感じた大好きなもの、
すんなりと、身体の奥まで迎えてしまったのでした。

か細い声を浴室に響かせて、私、仰け反りました。
パパ、そんな私の両胸に両手をあてがい、
ゆっくりと腰を振り始めたんです。

目の前にある洗い場の岩に片手をついて、
私、その動きに応えました。
驚くほど急に、鋭い悦びの瞬間を迎えられるかもしれないとも思えたんです。

140507c_0018-580x326.jpg


私の腰に両手を移し、パパ、楽しむようにゆっくりと腰を揺らします。
やっぱり、ここで、一度済ませないと、パパ、我慢できないのね。
諦めたように、そう、思えたのに、
パパ、あっさりと自分のものを抜き出すと、
「後は、夜までおあずけだよ」って、身体を離したのでした。

頂きの直前で大好きなものを抜かれてしまった私、
そのまま、脱衣場に入ると座り込んでしまって、
荒い息が治まるのを待ちましたが、
強い麻痺は、長く私の身体を襲い続けたのです。

もぉ、パパのばかぁ。



関連記事
21:15  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |