FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

年末の京都

2015.01.18 (Sun)



年末、帰省する娘たちを迎えに、
久し振りに京都に行ってきました。

着いた日の夜は、
子どもたちを預けている叔父さんたちご夫婦も一緒に、
京都交響楽団の演奏による「第九」の合唱を聞きました。

Kyoto_Concert_Hall01n4272.jpg


演奏会、とっても素晴らしかったですよ。
私の街ではなかなかこんなの聞けなくて、羨ましかったです。

240503-0301.jpg


その後、皆で食事。
叔父さんが連れて行ってくれた三条のお店、
京都には珍しくボリュームたっぷりのお肉屋さん。

104099ga10000015.jpg

主人も娘たちも、とっても喜んでました。
上質な丹波牛、美味しかったわね。
その日は、叔父さん家に泊まらせていただきました。

104099ga10000018.jpg


いつもは上の娘が使わせてもらってる八畳の部屋にふたりで就寝。
けど、そんなはずないのに、寒い寒いって、パパ、私の布団に入ってくると、
冷たい手をパジャマの胸元から挿し入れてきたんです。

「駄目よ、パパ。かんにんして」って、そう言ったのに、
手のひらを被せた胸のふくらみを、ゆっくりと楽しみだしました。

521a9c73-s.jpg


穏やかな快感が、胸元から体中にだんだんと広がり、
スプーンが重なるように後ろから抱きしめられながら、
私は、されるがままに、息を弾ませたんです。

叔父さんの家、それに、隣の部屋には娘たちがいるし、
まさかパパ、私の身体、求めてくるとは思ってもいなかったけど、
妻として、それはお務めだから、仕方のないことだと、
甘い声が出そうになった口に手を当てました。

無題8


パジャマ越しに、明らかに熱く、
おっきくなっている大好きなものお尻に擦り付けられながら、
私、そう、納得したのです。

けれど、左の乳房に被さった手のひらの動きが、だんだん緩やかになると、
腕枕をしてくれてたパパから、穏やかな寝息が聞こえてきました。
今朝は早くから、京都までの長距離運転。
きっと、疲れてたのね。

暖かいパパに抱きしめられながら、
パパ、今年もありがとう、私、とっても幸せでした。


関連記事
11:02  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。