FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

男の人を数えて

2015.01.14 (Wed)


Y332156252 (2)

姫初めの夜。

薄茜色のベッドサイドのライトが、
身に着けるもののない、絡まり合った二人の裸体を染めてました。
まだ、喘ぎの治まらない、上下する私の乳房を、
パパの手の平がゆっくりと這い回り、その柔らかさを楽しんでます。
時折、硬くなった乳首をこりこりって指先で摘まんで、私に甘い声を上げさせてるんですよ。

see423.jpg

「何人の男が、順子のこの身体、楽しんだのかなぁ」

そう言うと、パパ、二人の身体を繋いでいるもの、
また、私の中で脈つかせたんです。
今しがた注がれた熱い液が、その動きのために、私の秘唇から滴ろうとしてました。

sc1018.jpg


営みの余韻に浸りながら、
私、パパに申し訳なくて、そっと、目を閉じるしかありませんでした。
けれど、本当に、私の身体、いままで何人の男の人のもの、
迎え入れたんでしょうね。

大学一年生の春、初めて男の人を教えてくれた部活動の先輩。
それから、私の身体を開花させたと言っていい、大学のM先生との永い男女の営みの季節。
そして、大学卒業間際に抱かれ、結婚さえ考えたあきらさんとのこと。

主人と結婚した後は、妻として、本当に充分に満たされた夜を過ごしているんですけど、
Tさんを始め、実は、主人以外の男の人と、
思いもかけない成り行きの中で、
その人たちのもの、迎え入れてきたのも本当のことなんです。

03013-600x337.jpg


パパからも言われ、迷いながら拒みながらパパ以外の男性に身体を開きました。
けれど、ひとたび、肌を合わせてしまえば、自分の身体の求めるがままに、
相手の方の背中を抱きしめ、その男の人の液を求めながら、
頂に向かって嫌らしく腰を揺すってしまっていた自分を、
今は仕方のなかったことだと、そう、思うしかないんです。

読んでいらっしゃる皆さんには、
呆れられて、嫌われちゃうかもしれませんね。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg


それに、まだ、パパにも話していないお付き合いも、
実は、いくらかあったんですよ。
パパ、このブログの中で、そのこと知ることになるんでしょうね。
叱られちゃうかなぁ。



昨年は、私にとっても、いろんなことがあった一年でした。
短いようで、永くもあったその時間の中で、
思いもかけない人と、そして、幾らかは以前から心配していた人たちと、
肌を合わせてしまった一年だったんですもの。

主人以外の幾人もの男の人のものを迎え入れ、
営みの終わりには、その男の人の印を、身体の奥に何度も注がれてしまったし、
求めるようにしてそれを飲み下したこともありました。

bf801a14-s.jpg


自慢の長い髪、ふっくらとしたくちびる、たわわな乳房、
薄桃色の乳首、くびれた腰、よく良く褒められる白い肌、
そして、最も女性らしいところ、
そんな熟れ始めた自分の身体が、
今年は、大好きな主人だけのものであればと、今はそう思ってます。

nn2096.jpg


今年は、どんな時間がながれるのでしょうか。
ゆっくりと動き始めてくれたパパのもの、できるだけ身体の奥に入れてもらえるよう、
私、これ以上は無理だと思えるほど太ももを開きました。
今は、そうすることが、
妻としての大切な務めだと思えたのでした。

c275402b.jpg



関連記事
15:33  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。