FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

平成27年 初詣

2015.01.11 (Sun)


皆様、明けまして おめでとうございます。
昨年は、つたない文章読んでいただき、
また、たくさんのコメント、本当にありがとうございました。
今年も、よろしく、おねがいしますね。

500_10739273.jpg


年末年始、いかがお過ごしだったでしょうか。
私たち、大晦日の夜、いつものように、家族で年越しそばをいただき、
年があらたまってから、新年のご挨拶。
その後、子どもたちは、お友達と初詣に出発。
私たちも、暫くテレビ見てましたが、雪も何とか大丈夫みたいなので、
二人で尾山神社に出かけました。

予想はしてたんですけど、毎年のようにすごい人出。
皆整然とお参りの順番を待つために、
殆ど進まないまま、寒い参道に並んでましたが、
私、後ろから主人が身体を寄せてくれていたお陰で、暖かかったですよ。

ebc0b21798b9e64310923e470e4bd195.jpg


いつのものように、着物、着ていく予定でしたが、
雪と風で、今年は断念。

小さい頃から、着物のことは母親からしっかりと躾けられたし、
京都での高校時代も、
「着物を着るのが面倒だと思うのは、まだ、慣れていないということよ」って、
叔母さんの若いころの着物、着るように言われました。

お陰で、結婚した今、義母の着付けをしてあげることも多く、
娘たちにも、帰省するごとにお稽古させてます。

004.jpg


着物用のコートとかあるんですけど、今年の天気では仕方ないですよね。
年末に主人が買ってくれたダウンのコートで行くことにしたんです。

主人、自分の両手を、後ろから私のコートの左右のポケットに入れて、
私の身体に身体を寄せてました。
広いパパの身体に抱きしめられるようにして、暖かかったですよ。
でも、時々、なんだか、変な腰の動き。
やだぁ パパ、駄目よ。


そういえば、こんなふうにして、変なことされたことあったわね。
高校時代、学校への通学は、電車を使っていたものの、
特に、何も心配することありませんでした。
けれど、クラスメートの友達の中には、
登校中の電車やバスの中で、たいへんな目に遭ってる子、
けっこう、いたみたいで、
「もぅ、今日も、お尻触られちゃったわ」
「私なんか、後ろから、腰押し付けられて」
など、朝からのおしゃべりの中で、聞くことあったんです。

その日、前日から友人の家に泊まらせてもらってた私、
乗りなれていない電車で、先にひとりで学校に行くことになりました。
この路線は、朝夕混雑がひどくて、
その友人も、何度か、お尻触られたって言ってたんですけど、
能天気な私は、何も心配しないで乗り込んだんです。

001.jpg


乗ってすぐだったと思います。
ドア近くに立っていた私の背後から、
スーツ姿(だったと思いますが)の男性が身体を寄せてきました。
もちろん、ひどい混み方だったので、始めは仕方のないことだと思ってたんですが、
いくらもしないうちに、自分のお尻に、違和感を感じたんです。

2015-01-06 16.27.50


私のお尻のふくらみにそって、ゆっくりと手のひらがなぞりだし、
何度か、そんな風に触って、私の様子を見てたんでしょうね、
何にも、抵抗しない私をいい事に、少しづつスカートをたくしあげると、
下着越しに、私のお尻のふくらみ、少し力を入れて揉み始めたのでした。

013.jpg


「やだぁ 痴漢?」
その時になって、驚いた私。
それまで、友達の話を聞くことはあても、
自分とはかけ離れたこととしか思っていなかったのに、
こうして、自分の身体に、身も知らない男の人の手の平が這い回ることの怖さ、
日頃ない出来事に、やっぱり、ひどく慌てました。

何度か、身体の向きを変えようとしましたが、
その人の左手、私の腰を抱き寄せ、右手で、下着をたぐり下ろそうとしだしたんです。

「いやっ!」って、声を上げそうにしましたが、
残念なことに私の抗いは小声にもなりませんでした。
その人の冷たい指先は、少し下ろされた下着の上から下りてくると、
お尻の割れ目に沿って、だんだんと恥ずかしいところにまで、忍び込んできたんです。

その頃の私、
先生たちに叱られることもない品行方正な高校生活、お勉強も真面目にしてましたが、
ちょっと、危ない関係になりつつある他の学校のボーイフレンドがいました。

jk253.jpg


彼が、初めての男の人になるのかなぁって、そう、思っていたし、
周りの友達からもいろいろと男の人のこと聴いていて、自分なりに覚悟はしていたんですけど。

jk176.jpg


次の駅までの我慢って、思ったのに、また、沢山の人、乗ってきて、
女子高校生のぽちゃぽちゃってしてるお尻に、
指を忍び込ませていたその人にとっては、
それまで以上に、好きなことが出来る時間になったのでした。

とうとう、彼の二本の指先、私の、一番恥ずかしいところにまで、触れてきました。
二人の身長の相性と彼の腕の長さが良かったんでしょうね、
後ろから前に回されたその指、私の秘唇をじわって開くようにすると、
やわらかな柔芽を見つけてしまったんです。

沢山の人が周りにいるというのに、
制服をきて、これから学校に行くというのに、
女の子として、まだ、誰にも知られていない恥ずかしい芽を、
たった今、会った知らない人の指で、こすられてしまっていたのでした。

正直に言うと、
これまでにないような、異常な経験の中で、どうかしてたんでしょうね、私。
その指から誘われる薄っすらとした悦びを感じてました。
男の人って、すごいわ。こんなこと、しちゃうんだ。
ぼぉって、しながら、私、しっかりと目を閉じて、
否応なく湧き上がってきた微かな喜びに、身体をゆだねてしまってたんです。

2015-01-06 16.32.20


彼の両手が、私の腰に当てられました。
彼が、何を望んでいるのか、私には、分かりませんでした。
ぴったりと寄せ合った二人の身体が、電車の振動に合わせて揺れ続けること、
任せるしかなかったのです。

到着した駅。
沢山の人たちと一緒に、流れるようにホームに降りた私は、
お手洗いのボックスに駆け込みました。

疑うまでもなく、私の、お尻には、男の人の液が滴っていて、
それは、太股を伝い流れようとしていたんです。

55a6fdb0-s.jpg


駅に近づいたとき、それまで以上に、強く身体を押し付けら、
彼の曇ったような声を聞かされました。
そして、それと同時に、お尻に暖かいものが、降り注がれたことがわかったのです。

下着を下ろし、スカートをたくし上げ、
私、涙を潤ませながら、自分のお尻にたっぷりと出された男の人の液、
一生懸命、拭き取りましたが、
悔しいことに、その時になって、私の秘唇からは、
しっとりとした、愛液が滲みだしていることにも気付かされていたのでした。


この出来事があって、暫くして高校を卒業した私は、
大学入学の春、男の人のもの、とうとう自分の身体に迎えました。
けれど、高校時代のこのころ、
もう、男の人のこと、自分の身体が欲しがっていたのかもいしれませんね。

5366.jpg


日頃の通学では使わない電車だったので、
その時の人とは、二度と逢う事はありませんでした。

毎日使う通勤電車に乗ってきた見慣れない女子高校生。
清楚な制服の上からも想像できる、肉感的な身体付だったのその娘に、
欲望も趣くままに、自分の熱いものを振りかけたこと、
彼、今も覚えているんでしょうか。

後ろから、主人に身体を寄せられ、
これから、大切なお参りというのに、私、そんなこと思い出してました。

もぉ、また、パパったら、私に腰を押し付けて、変な動き。
やだぁ、あの時の電車の中での男の人って、まさか、パパじゃないんだよね。

皆様にとりまして、本年が良い一年であるように、お祈りしてきましたよ。
今年も、よろしく、おねがいしますね。

yikituri2.jpg



関連記事
15:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。