FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

別荘での過ち7

2015.01.05 (Mon)


ビールを冷たく冷やして、私たちは、着替えです。
昨日からのご要望で、今夜はブラ無しのベビードール。

10390_01.jpg

胸元には、フリルやアクセントの生地があるので、
上手くすれば、そのまま見られることないけど、
でも、角度によっては、膨らみや乳首までしっかり見られちゃうんです。
「やだぁ、恥ずかしいわ」って、里子さん、胸元を両手で隠すんですけど、
それが逆に、セクシーだったりして。

imagesCATJ4V5Y.jpg


お腹減ったって、主人たちが、どやどやリビングへ、昨日と同じお相手の隣に座りながら、
「おっと、今夜はブラ無し!」
「たまらないご馳走だね」
やだぁ、主人たら、早速、里子さんに、いたずら始めてるんですよ。

「楽しい夜になるように、かんぱーい」って、Tさん、隣で音頭。
スポーツとお風呂の後の乾いた喉に、よく冷えたビール、
美味しかったですよ。ふふ、幸せ。
その後は、隣のTさんの好きなものを尋ねながら、
手巻き寿司を巻いてあげたり、ビールを注いであげたり、
かいがいしくお世話してあげました。

20100925_IMG_0898.jpg


昨夜同様、ちょこちょこ、Tさんから、身体触られました。
太腿だったり、肩だったり、わき腹だったり、
そして、時々、おっぱいだったり、
その都度、声を上げて、身体くねらせたんだけど、
それほど、嫌ではありませんでした。

今朝、カササギに見られながら、
朝の空気の中で身体を繋ぎ合って、
そして、彼の印を身体の奥に注がれて、
思いもかけず他人ではなくなったせいなのでしょうか、
Tさんとの、そんなささいなことが、
これまでとは違う、特別なことのように思われたのでしょうね。
肌を合わせるって、そんなことなんだろうなぁって、思えました。

15.jpg


他の皆も、楽しんでいましたよ。
やだぁ、主人たら、里子さんのベビードールの横から手を滑り込ませて、
彼女の素肌の胸、手の平で被っているわ。
里子さん、嫌がりもしないで、主人の肩にうっとりとした顔を寄せてされるがまま。
そんな奥様のこと見ながら、M先生も、桐子さんと顔を寄せ合って、
今年の夏、最後の別荘の夜を、思い思いに過ごしていたのでした。


関連記事
07:29  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |