FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

別荘での過ち4

2014.12.23 (Tue)


「やっと」
大きく喘ぎ悶える私の身体を、
ゆっくりとした動きで楽しみながら、Tさんそう耳元でささやいてきました。
あれほど、拒み続けていたというのに、
今、驚く程、あっさりと彼のものを迎えてしまった私の身体、
それも、さっきまで夫から抱かれていて、いくらも経たないというのに。

see260s.jpg

ブラを付けてこなかった乳房を、後ろから彼の両手が揉み上げ、
指に挟まれた乳首から、強い快感を感じていたし、
ゆっくりとした腰の動きでしたが、太いものが身体の奥に届くたびに、
我慢することのできない甘い喘ぎ声を、彼に聞かせるしかありませんでした。

3ced830e-s.jpg

目頭が熱くなるのがわかりました。
数度の別荘で、スキー場のロッジで、兼六園で、そして、二人だけでの旅行で、
Tさんと繋がりあうことを、とにかく、懸命に拒み続けていた私の身体は、
今、こうして、愛液を滴り漏らしながら、そのTさんのものを迎え入れ、
恥ずかしい悦びに身体を震わせていたのです。

24b7ddb2.jpg

「なんて締まるんだ」
少しずつ早くなりだした彼の腰の動きに、
なぜだか、上手に合わせて動く身体の奥が、
自分でも分かるように、
どうしようもなく、彼のものを絞めつけているのが分かりました。

そんな私の身体に誘われるようにして、
「このまま」
その言葉の続きは、早くなった彼の腰の動きで、
そして、それまで以上に、太くなりだした彼のもので、
察することができました。

今朝主人から注がれたものが残る身体の奥に、
今Tさんの男の人の液が、注がれるのでしょうか。

強い嫌悪感があって良いはずなのに、
自分の身体の中で、二人の男の人の液が混じりあうことが、
もう、仕方のないことのよう諦めるしかなかったのです。

15.jpg

そして、そう思ったと同時に、
ひとつに繋がりあって僅かな時間しか経たないというのに、
私のこころと身体は正直に、悦びの頂に向かっていたのでした。

「他人じゃなくなるんだよ」
掠れたような声を聞かせられ、
私はなぜだか、大きく頷き、
それまで以上の強い突き上げを、納得したように迎えると、
身体の一番奥で、Tさんのもの、
硬くなり、大きくなり、そして、太くなり、
ねじ込まれるようにして、激しい射精が始まったのです。

そして、それと同時に、
熟れはじめた自分の身体が上手にその精液を求めながら、
強い悦びの頂に昇り詰めていったのでした。

6ab21087.jpg

頭の中が真っ白になり、膝から力が抜けて、思わず座り込みそうになりましたが、
身体を繋げたまま腰を持ち上げられると、
さっきと同じように、くちびるを求められました。

そして、繋がったところから、いましがた注がれた温かい液を滴らせ、
お互いの舌と唾液を吸い合いながら、まどろむような余韻に浸ったのです。

02176.jpg

先にTさんが別荘に帰ることにしました。
身体を繋ぎ合い、注がれ、唾液を啜り合った二人だからでしょうね、
二人だけの時間を、皆にはわからないようにと取り繕うことに、
私自身が驚いていました。
他人ではなくなるってこと、そんなことなのかもしれませんね。

彼の背中が木立ちの中に見えなくなって、私は、そっとしゃがみました。
開かれた恥ずかしい女性の唇から、今しがた注がれたTさんのものが、
ゆっくりと滴り落ち、緑色の葉を濡らしました。

9f138ae0-s.jpg

私はその量に驚きながらも、塊のような白い彼の液を、
なぜだか、暫く見続けていたのです。

どこかで、げごげごっていう、鳥の鳴き声が聞こえたような気がしました。

11861.jpg





関連記事
12:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。