FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

別荘での過ち2

2014.12.14 (Sun)


img_0.jpg

お昼前に到着。
サンドイッチと飲み物で、簡単な昼食を済ませた後、
いつものように、皆で、別荘のお掃除。

夏草に悩まないように、
除草シートを敷き詰めた上に、カラー砂利や人工芝を敷き詰めてあるので、
草取りの必要は余りありませんが、
それでも、旦那様方、周辺の背の高い草を、
電動の草刈機を使って汗だくで頑張ってくれました。

私たちは、台所やお風呂の掃除を終えた後、
フローリングのワックス掛けと窓吹き。
里子さん、お掃除が上手だし、よく身体が動くのね、偉いわぁ。

陰干ししてた上質な夏用の羽根布団を取り込むころには、
お風呂のお湯が溜まったブザーが聞こえ、お掃除終了。
広い浴槽なので、女性三人で一緒に入りました。

aadb756e.jpg

良い香りの泡が、ジェット水流のお陰でもこもこって泡立って、
とってもいい気分です。

「あぁ、気持ちいいわ」って、仰け反った里子さんのおとがいが綺麗でした。
「里子さんも、順子も、お掃除ありがとう。助かるわ」
「泊めて頂くんだから、当然よね、ねぇ、里子さん」
「ええ、呼んでもらって、嬉しかった、いろいろ、楽しめそうだし」
驚く程白い里子さんの胸元が、泡の下に見えました。旦那さん、お幸せね。

a933152f-s.jpg


散水されたお庭でいつものようにバーベキュー。
せっかくだからって、高いお肉と海産物、奮発したので、とっても美味しかったですよ。

20013009260.jpg

洗い物のために、台所で里子さんと一緒にお皿洗い。
「ねぇ、あれ、持ってきてくれた?」
「えぇ、里子さんがあんな言ってたから、全部持ってきたけど、
あのね、乳首挟むの、痛いわよ」
「あぁ、あのイヤリングみたいなの、えぇ、やってみるわ、
やだぁ、思っただけでも、なんだか、ドキドキしちゃう」
って、胸に手をあてて、里子さん、嬉しそう。
ふふ、お二人で、楽しんでもらえれば、それはそれで、いいんだけど。
1images.jpg
後片付けが終わって、二次会はリビングでのパジャマパーテイ。
隣の和室で、女性だけで着替え。

すけすけのベビードールがいいかしらって言ってた里子さん、
ブラ無しはやっぱり恥ずかしいから無理って、ふふ、でしょう。
まぁ、でも、素敵よ、里子さんのベビードール。セクシーだわ。

10390_01.jpg


リビングに入ったら、私、座っていたTさんに手を引かれて、
当たり前のように彼の隣に。
主人のお相手は里子さん、Mさんには桐子さん。

imagesCAOEA9DE.jpg


「冬に比べると、やっぱり、夏がいいよね」
「そうそう、夏は女性陣の綺麗な肌が見られるから」

「それにしても、里子さんの肌の白いこと、M先生が羨ましいね」
「明日は、ブラ無しでお願いしまーす」
「駄目よ、里子さん、まだ、恥ずかしいって」
「じゃ、後で、皆でお風呂入ろうか、だったら、恥ずかしくなくなるだろから」
「いやぁ、皆でお風呂だなんて、恥ずかしいわ」

「皆が嫌だったら、二人だけで入ろうか、いいでしょ、M先生」
「ええ、かまいませんよ。宜しく、お願いします」
「ほら、先生から許しもらったよ。二人で後で入ろうね」
って、主人、里子さんの肩を抱き寄せ、髪にくちびるを当てたのでした。

やだぁ、主人たら、今夜なんだか、積極的だわ。
まさか、変なこと考えてるんじゃないでしょうね。
それに、里子さんも、まんざらでもないようすなんです。
もぉ、駄目よ。

502-01.jpg

エアコンが効いていて、裸同然の私たちには気持ち良かったです。

M先生が持ってきてくれた、
東京のデパートから取り寄せたブルーチーズセットに皆で挑戦、
一口食べて絶対にダメって言った人もいたし、
美味しい、美味しいっていくつも食べた人もいました。

皆の笑い声の満ちたリビング、そうやって、初日の夜は更けていったのでした。




関連記事
16:03  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |