FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

モーターホテル2

2014.12.10 (Wed)



「Tが、また、旅行行きたいんだって」

身体の奥まで、大好きなパパのもの、入れてもらう瞬間だっていうのに、
思いもかけず、そんなこと、パパ、言ったんです。

see260s.jpg


「駄目よ、そんなこと」
私、喘ぎながら、そう言うしかありませんでした。
「別荘の時、ゆっくり、できなかったからって」

8月末、Tさんの別荘での出来事、
皆さんには、まだ、お話してなかったですよね
実は、Tさんと、思いもかけない時間があったんです。
パパも、薄々、知ってるみたいだし、
もしかしたら、Tさんに、言われたのかもしれません。
「順子の身体、今度は、ゆっくり楽しみたいんだって」

ds115-9115.jpg


やっぱり、知ってるんだわ、
Tさんと私、他人じゃなくなったってこと。
喘ぎのため、返事ができない振りをするしかありませんでした。

「ほら、Tのものだと思って」
そう言うと、パパ、ゆっくりと待っていた大好きなもの、
少しずつ、私の身体の中に埋め込み始めたのでした。
パパのおっきなものが、
溢れるよう愛液を滴らせた自分の身体の奥に、
だんだんと入り込んでくるのが分かりました。

けれど、パパに言われるがまま、
今、自分の身体の奥にまで届いた男の人のもの、
そう、あの時のTさんのもののように思えて、
私、大きく胸を仰け反らせると、切なく細い声上げるしかなかったのです。

see136.jpg


二人とも、そのことで興奮してたんでしょうね。
日頃にはないほど、激しい営みでした。
「大きな声出していいんだよ」
パパから強く突き動かされながら、言われるまでもなく、
吠えるような恥ずかしい声で、私、叫んでいたんです。

02802992-s.jpg


パパの上に跨って、乳房を良いように下から揉まれ悶えさせられました。
動物のように後ろから抱かれると、
できるだけ、強く身体の奥に欲しくて、
上手に動きを合わせて、自分からパパに身体の腰を突き当てながら、
恥ずかしい悦びの声をあげてました。
けれど、それは、ここにはいないはずのTさんから、
導かれてたのかもしれませんね。

kj468_20140619184227dads.jpg


「大丈夫な日に、行けばいいさ」
虚ろな耳に聞こえたパパの言葉、
何のことなのか、初めは分からなかったけど、
それって、
Tさんが男の人の液、
私の中に安心して出せる日を選べばってことなんでしょうね。
私の身体の奥に、Tさんのものが入り込んで、
突かれて、悶えさせられ、
そして、最後には、男の人の液、注ぎ込まれる、
きっと、お互いの身体を、強く抱きしめあいながら。

02291.jpg


そう思った瞬間、私は、急激な悦びに昇り詰めはじめ、
同時に始まったパパの射精が、まるで、Tさんのもののように思え、
その液を求めながら、自分の身体の奥のパパのもの、
強く締め付け始めたことが自分でもわかったのでした。

いつになく、長い時間、そして、たくさん、パパ、出してくれました。
けれど、私、頭の中を真っ白にしながら、その熱い液が、Tさんのものだと思いながら、
激しく腰を振って身体の一番奥で感じていたんです。

「すごかったね、順子の」
身体を繋げたまま、パパ、まだ麻痺の治まらない、たわわな私の乳房を揉みながら、
そう、言いました。

「Tにも、喜ぶだろうね、順子の身体」
そう、言いながら、パパ、最初と同じような硬さに戻って、
ゆっくりと、身体、揺すり始めたんです。

Tさんとの旅行、今年、一度経験してました。
けれど、最後には私、Tさんに抱かれること、拒んだんです。
そんな、私の気持ちを察してくれたTさん、
結局、私の身体、諦めてくれたんですが、
その代わり、彼の男の人の液、随分とたくさん、飲まされました。
それは、仕方のないことだったんでしょうね。

無題3


けれど、別荘過ごした今年の夏の数日間の中で、
思いもかけずに、Tさんのもの、私、とうとう、受け入れてしまったんです。
それも、最後には彼の熱い男の人の液、
身体の奥にまで、いっぱい出されて。

忘れたいと思っていました。
成り行きだったとはいえ、パパ以外の男の人のものを入れられて、
そして、彼の印を身体の奥に注がれたこと。

「順子の身体、今度は、ゆっくり楽しみたいんだって」
そう、Tさんが言ったように慌ただしい営みだったけど、
今はもう、なかったこととして、わすれたい時間にしたかったのでした。

「いつまでも、魅力的な女性でいてほしい」
ゆっくりと私の身体、揺らしながら、そう、言ってくれたパパ。
でも、それって、パパだけじゃなくて、パパ以外の男性にとっても、
そうであって欲しいってことなんでしょうか。
私の身体、パパだけのもののはずなのに。

二度目の頂に誘われながら、
私、そっと目を閉じ、身体が求める悦びのおもむくままに、
パパの背中、強く抱きしめたのです。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg


今週末、Tさんの別荘に皆で泊まりに行くことになっています。
毎年恒例の忘年会です。
夏のことがあるので、ちょっと、心配しているのですが。

その夏の日の出来事、
次回から、載せることにしました。
余り気がすすまないんですけど。


関連記事
07:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。