FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

モーターホテル

2014.12.07 (Sun)


義母のお見舞いに、パパと行ってきました。
いつものように、病室で夕食のお手伝いをしたんですけど、
「いつも、悪いわね、二人で食事でもしてきなさい」って、
お小遣い頂きました。
ふふ、お母さん、ありがとう。

RIMG0766.jpg


レストランで、メニュー開いてたら、
「後でモーテル、行こうか」って、パパ。
まぁ、久し振りだわ、モーテル行くの、二ヵ月ぶりかしら。
それに、自分の男の人の液、安心して私の中に出せる時期だって、
パパ、知ってるんですね。

fb2ad19a-s.jpg


帰省する娘たちのために、ビーフシチュー煮込む予定だったけど、
食べるのは、明日の夕食だから、大丈夫かなぁって、思いました。

恥ずかしいけど、食事をしている途中で、心の中では、
もう、ベッドの上の恥ずかしい自分を想像して、
身体が準備を始めているのが分かりました。
大好きな、パパの、くちびる、指先、胸、
そんな、目の前のパパを見ているだけで、どうしようもなく息が弾んできたんです。

c275402b.jpg


行きつけのモーテル。
前に書いたように、清潔だしジャグジーがあるのでお気に入りです。
良かったわ、パパの好きな下着で。

140416c_00261-580x359.jpg


真っ白な泡の中で、ふたりでいちゃいちゃして、
私の方から、くちづけ、おねだりしました。
お湯が熱かったのかなぁ、抱き寄せられただけで、なんだか、ぼぉってしてました。

広いベッドの上に座ると、後ろから、パパの大好きなおっぱい、
永い時間、愛されました。
乳首を摘ままれて、甘い声あげながら後ろを振り向いたて、また、キス、
舌を吸ってもらって、パパの唾液、喘ぎながら啜ったんです。
あぁ、感じちゃうわ。

01313.jpg


促され、裸の身体を仰向けに横たえると、
パパのおっきくなったもので、恥ずかしく濡れた秘唇を何度もなぞられました。

「お願い」って、言うと、
パパのものの先が、ゆっくりと柔らかいひだを押し広げ始めたんですけど、

「Tが、また、旅行行きたいんだって」

身体の奥まで、大好きなパパのもの、入れてもらう瞬間だっていうのに、
思いもかけず、そんなこと、パパ、言ったんです。


see260s.jpg




関連記事
16:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |