FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

別荘での過ち5

2014.12.27 (Sat)


「順子、カササギ、見たって、本当?」
「えぇ、きっと、そうだと思うんだけど」
それぞれの夜を、そして、それぞれの朝を頑張ってくれた夫たちに、
目玉焼きふたつを奮発した朝食、木製のトレーで運ぶと、そう言われました。

thCAQCTAZH.jpg


「数年前から、北陸でも、時々、見ることができるようになったから、
 もしかしたら、そうかもしれませんね」って、
コーヒーのカップをトレイに戻しながらM先生。

「先生、カササギの特徴って、黒白の配色以外に何かありますか?」
「えぇ、やっぱり鳴き声ですね。ちょっと、下品な。カエルみたいな鳴き声ですよ」
「まぁ、姿はあんなに可愛いのに、鳴き声がそれじゃ可哀想だわ」
「あぁ、それから、天の川のお話の中で、織姫と彦星の仲立ちをしたのが、
カササギって言われてますね。ロマンチックな鳥でもあるんですよ」
「まぁ、それって、素敵なお話」

f0021504_3292072.jpg


思わずTさんと、目が合ったような気がして、思わずうつむきました。
思いもかけず、朝の淡い光を浴びながら、身体を繋ぎ合った私とTさん、
その仲立ちをしたのは、あの時のカササギだったのかもしれません。

美人林


「Tと一緒に、カササギ見たのかい」
部屋に戻ると、主人から、そう、言われました。
「パパも行けばよかったのに、ほら、先の小さな公園で、偶然」
「へぇ、偶然にね」
そう言うと、身体を寄せてきて、
今朝、男の印を注ぎ込んだ自分だけのものであるはずの私のお尻、
ゆっくりと撫ぜたのでした。

二人の男の人の液、私の中で交じり合い、
身体の隅々にまで、沁みこんでいるように思えました。
そして、もしかしてそのことを、すでに主人は、知っているようにも思えたのですが。

38821_he.jpg




関連記事
20:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT