FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

赤ちゃんが欲しくて6

2014.11.18 (Tue)


昨夜の何時ごろ、帰ってきたのでしょうか。
隣のベッドで、大好きな主人が微かな寝息を立てて眠ってました。

521a9c73-s.jpg


私、あれから、ホテルに帰り、何度も手を洗いました。
男の人の液を包んだレースのハンカチは、
二枚とも、公園のダストボックスの中に。

15108025200_1.jpg


けれど、
やっぱり、興奮は続いていたのでしょうね。
一人でベッドの横になっても、身体の火照りが治まらないで、
恥ずかしいけど、
下着を脱ぐと、
一番女らしい、薄らと濡れた恥ずかしいところに指を這わせたのでした。

102.jpg


驚く程、あっと言う間に、悦びの瞬間はやってきました。
ほんの数時間前、自分を女にした忘れられない人のものを握り、
そして、男の人の液で、手を濡らしたというのに、
昇り詰めるその瞬間、やはり、こころに浮かんだのは、
まぎれもなく、今、傍らにいる、大好きな夫の笑顔だったのです。


薄いカーテンから漏れる朝のミルク色の淡い光の中で、
私、そっと下着を脱ぐと、夫のベッドに忍び込みました。
その時、自分の秘唇が、しとどに濡れていることに気付いていたんですけど、
そのこと知られること、恥ずかしく思う余裕なかったんです。

主人のバスローブの前の重ねから、そっと、手を忍ばせると、
まぁ、私の大好きなもの、おっきくしてくれてて、
それだけで、喘ぎ声になってました。

何か言いながら、眠たそうに仰向けになった主人の身体に跨り、
その大好きなものに手を添え、
滴るほど蜜を潤ませた自分の秘唇にあてがいました。

そして、小さな悲鳴のような声を出しながら、
一気にそれ、身体の一番奥まで迎え入れたんです。
そして、同時に、鋭い悦びが身体を襲い、夫の身体にしがみついて、
身体 ぶるぶるって震わせたのでした。

d0103be4d6c26ed11f5b78d24e4f8f71-630x821.jpg

「おはよう こんな順子 初めてだね」って、嬉しそうな笑顔を見せてくれた主人、
そういいながら、下からゆっくりと繋がったところ突き上げてくれましたが、
私、一度、主人の身体、声をあげながらゆっくりと抜くと、
上から抱いてもらうように、ねだったんです。

涙が出るほど、幸せの中で抱いてもらいました。
そして、まぎれもない大好きな夫からの赤ちゃんのもと、
いっぱい身体の中に注がれて、更に、幸せが重なりました。

無題1

夫と一緒に、初めての東京への小旅行。
ちょっと、たいへんなこともあったけど、こんなして、思い出深い旅行になったんですよ。

そして、赤ちゃんできたこと、暫くして、分かったんです。
えぇ、私たち二人にとって、とっても、幸せなころでしたね。

0336000179308_2.jpg


関連記事
10:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。