FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

パパの骨折2

2014.11.23 (Sun)


三週間ほどの入院の間に、恥ずかしい出来事がありました。
立派な個室にはバスルームがあって、
パパ、毎日シャワー使ってたんですが、
すねから足首までギブスで固定してあって、一人ではたいへん。
私が横から、身体流してあげたり、身体拭いてあげたり、
それだけだったらよかったんですけどね。

inn_tokubetu04.jpg

「順子 ほらっ」って、パパ。
スキーに行く前から数えると、随分と長い時間、私のこと抱いてなくて、
大好きなパパのもの、
おへそに付くくらい、おっきくなって反り返ってたんです。
やだぁ、って、私、思いましたが、
これも、妻の務めかなぁって、バスタブの縁に一緒に座ると、
柔らかい手の平に包んであげたんですよ。

ゆっくりと両手でさすってあげると、あぁって声を漏らして、パパ、気持ち良さそう。
そして、「胸 見せて」だって。
私、仕方なく、ブラウスの前を開くと、ブラ、外したんですよ。
パパの大好きなたわわな胸が、こぼれるように、現れました。
パパ、慌てて、左手を私の右の乳房に被せると、
満足そうに、ゆっくりと私の柔らかさ楽しみ始めたんです。

76c7739f-s.jpg

私の身体、パパの手のひらの動きに誘われて、
だんだんと息遣い乱れ始め、パパの胸に顔埋めたんですよ。
パパのもの、それまで以上に大きく膨らんで、
今にも、弾けそう。

「順子」。
パパ、そう言うと、自分の指先で、そっと、私のくちびるをなぞりました。
それって、お口でっていう、二人だけが知っている合図なんです。

私、ためらうことなく、腰を下ろし、
大好きなパパのものの先に滲んでいた透明の液、
舌で舐めて、ゆっくりとお口に含みました。
ちょっとしょっぱい味の他に、少しだけ、ソープの名残があったような気がします。

b0e676a2-s.jpg

そっと、髪を揺らすと、パパ、曇ったような声出しました。
スキーの前の数日、パパのこと迎えられない時期だったんで、
随分と私の身体ご無沙汰だったから、
パパの大切な男の人の液、たくさん溜まってたんだろうなぁ。

大好きな私の胸、上から伸ばした手ですくい上げる様にして、
パパ優しく揉んでくれました。
硬く尖った乳首つままれて、何度か私、甘い声あげたんです。

2014-10-20 13.39.46

女の人きっと皆同じなんだろうって思いますが、
お口に含むのって、普通に男の人のもの身体に迎え入れるのと同じように、
すごく、感じますよね。
その証拠に、パパの腰両手で引き寄せ、
舌を巻き付かせるようにして激しく吸い上げてた私、
身体の奥から、男の人を迎えるための愛液、滲ませてたんです。

「もうすぐ」
パパの曇った声が聞こえると同時に、
私の喉の奥に、パパの液噴出し始めたんです。
パパにできるだけ良くなってもらえるように、
できるだけ、たくさん、出してもらえるように、
私も咥えたまま、一生懸命髪を揺らしてました。

01668.jpg

喉の奥まで差しこまれたパパのものから、
何度も、大切な液が流し込まれ、粘りの強いものが、
自分の喉をゆったりと伝い流れていくのが分かります。
匂いも強かったし、量も多かったけど、
大好きなパパの液だもの、薄らと涙を浮かべながら、
私、身体を震わせ、悦びの中でゆっくりと飲み下したのでした。
いっぱい出してくれたのね、パパ、ありがとう、ごちそうさま。

9ccff1be.jpg


関連記事
10:08  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。