FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山ガール

2014.10.18 (Sat)

御嶽山の噴火、大変な惨事になりましたね。
登山好きな私にとっても、心痛む事故でした。

cf60cab4.jpg


小さいころから両親に連れられて、ハイキングやスキーに行っていて、
自然の中で遊ぶの、大好きでした。
高校に入学したときも、殆ど迷うことなく、ワンダーフォーゲル部に入りました。

夏は登山、冬はスキー、本当に楽しい部活動でしたよ。
最近も後輩たちが、全国大会に出場するとの話も聞いていて、
頼もしく、懐かしく思っています。

s-IMG_0320.jpg


年に数回ある登山大会。事前に下見のための試登をするんですよ。
その時は、パーテイーの3名と二日間の登山をしました。
本日はユニフォームではなくて、山ガールファッション。

54bebdf8.jpg

5時間ほどの登山活動を終えて、ベースキャンプまで残り2キロほどになった下り道、
先頭を歩いていたすみれが、どすんと尻もち。
「転倒は減点になるわよ」って、声を掛けたのに、
暫く下っていると、また、どすん。
「やだぁ、ソールが剥がれそう」

登山靴の底が、半分以上剥がれていたのでした。
どうりで、滑って尻もちついてたんですね。
登山では、時々あるって聞いてたけど、この時は、リペア用品持ってなくて、
ちょっと、慌てました。

6e1932292f0ad2234afadb9def372736.jpg

そこへ、上の方から大学の登山部と思える四人のパーテイー。
事情を話すと、手際よくザックの中からガムテープを取り出し、
丁度、足首をねん挫したときのテーピングみたいに、
登山靴の上から固定してくれました。

06ae888f.jpg

すみれ、可笑しいくらいに、頭ぺこぺこさせながらお礼。
後は、ゆっくりと皆で下山したんです。

2日目の夜だったので、明日は帰宅するだけ。
電話ボックスみたいなシャワー室で、身体洗った後、
それまでの登山ウエアから、薄いTシャツに着替えましたが、
林を吹き抜ける涼しい夕方の山風が、とっても、気持ち良かったですよ。

012123.jpg

ベースキャンプのクラブハウスにある、レンタル冷蔵庫に入れておいた食材で、
お鍋をすることにしていましたが、
すみれが、どうしても、さっきの大学生の皆さんにお礼したいって、
一緒に夕食にすることになったんです。

「やっぱ、女子パーテイーだと、食事が違うよね」
「あぁ、俺たちだけだったら、カップラーメンに缶詰だからな」
そう言って、お世話になった大学生の皆さん、
キムチ鍋、美味しそうに食べてくれました。

a32ba92a366cc163554fb8ce68c57d7a.jpg

食後は、皆で食器洗い。山での男の人って、
そんなことも、何の抵抗もなくどんどんとやってくれるんです。

その後は、テントサイトで交歓会。
京都にある大学の登山部の方々、
私たちと違って、雪山や岩山を中心に活動してるって、
テントから、ハーネスとか、スリングを出してきて、
即席の技術講習会を開いてくれ、とっても、勉強になりました。

128668464279816102793_IMG_3022_20101010132358.jpg

大学生の皆さん、当然のように、ビール飲みながらのお話。
「飲んでみる?」
「駄目だよ、高校生にビール飲ませちゃ」
「大丈夫です、飲んでみたいです」
って、すみれ、遠慮することなくコップに注いでもらって、ごくり。
やだぁ、いいの
そう思った私も、隣に座っていたハンサムなリーダーの方から注がれて、
ふふ、ビール、飲んじゃいました。

139816406689176393226_SANY0555.jpg

実家では、時々、お父さんの晩酌のお供、してたんですが、
自分が、お酒に強いのか、弱いのか、分からないでいました。

雪の季節の穂高や槍のお話や、山での怪談話、
とっても、楽しかったですよ。
けど、飲みなれないビールのため、すみれ、とろんとした目に。
やだぁ、大丈夫かしら。
そう言う、私も、なんだか、ぼぉって、してきていたのでした。

ak0507901176北穂高岳から槍ヶ岳を望む(北アルプス)-650x512

「酔い覚ましに、散歩でもしようか」って、彼、すみれの手を取って立ち上がりました。
彼女も、言われるがままに手を引かれ、
あらっ、ロッジの方じゃなくて、テントサイトの奥の暗がりの方に二人で、
まぁ、いいのかしら。

残った6人はお開き、私たちは二つのテントに、
大学生の皆さんは、少し離れたテントサイトに戻って行ったのでした。

08shizwennkurisumasus136.jpg



関連記事
10:07  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |