FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

よし君とのそれから4

2014.10.11 (Sat)

朝方の弱い雨が、私のまぶたをうっすらと開かせました。

「大切な日なのに」

今日は、よし君の結婚式。私も招待されているんですよ。
隣のベッド、静かな寝息を立てている、パパの肩が見えます。
ごめんなさい、パパにもいろいろ心配かけたけど、
よし君とのこと、今日でけじめができるわ、って、そう思いました。

午後からの式だったので、ゆっくりと二人で朝ごはんを食べ、
着替えを始めたんです。
心配していた雨もあがり、爽やかな薄い色の青空になりました。

前にも書いたように、小さいころから母親に躾けられ、着物は慣れてます。
着付けも一人でできるし、義母たちの着付けのお手伝いもしてたんですよ。
「順子さんに着付けもらうと、一日中ぴしっとしてて具合がいいわ」って、
言ってくれるんですよ。


「着物って、下着つけないんじゃないの」って、パパ。
リビングの隣の和室で、着付けする私を見ながら、そう言うんです。

「そんなことないのよ。ちゃんと、和服用のブラだってあるの」
ふふ。パパ、残念ね。

01333.jpg

「ごめんなさい、夕食」
「いいよ。今夜はTたちと会う予定だから」
「連絡してね、パパと一緒に帰りたいわ」
そう言うと、草履をはく前の玄関で、背伸びしてキス、おねだりしたんです。
午後からの、暫くの時間、
よし君のことが、こころ満たす時間になること、許してね。



ホテルの会場で受け付けを終えると、
Yさんたちご家族と、ウエルカムドリンクのシャンパンを頂きながら談笑。
前と違って、結婚式随分とラフになりましたよね。

近くを通る何人もの人から、きれいな方ね、って、言っていただきました。
着物の色合いが良かったのかしら、嬉しいわ。

hou45m-6911_1.jpg

新婦のご親戚の方が、翁先生にご挨拶にこられました。
「先生と縁ができて嬉しいですね」
そう言うと、翁先生の隣に寄り添っている私に気付き、
「こちらは、お嬢さん? いや、そうではないですよね」
「あぁ、まだ紹介してませんでしたね。新しい家内です」

翁先生の冗談だったのに、ご親戚の叔父様、目を丸くされて驚かれていました。
「主人がお世話になっています」って、言ったら、もっと、可笑しかったでしょうね。
ふふ。


披露宴の時間になったので、席に着きました。
先生のお世話をするためだったのでしょうね、
親戚ではないのに、翁先生のお隣に席が用意してあったんです。
ナプキンを広げて、お膝に広げてあげましたよ。

暫くして、華やかなライトの中を新郎新婦入場。
始めてみる新婦、まぁ、綺麗な人だわ、
純白のウエデイングドレス、良く似合ってて。
胸元の真っ白いふくらみがこぼれそう。

「あらっ おっぱい大きいのね」
「よし坊、グラマーな女性、好きだから」
「そうね、順子さんみたいな」
Yさんたちがそう言うと、皆、私の方を見たんです。

やだぁ、でも、今日は着物で良かったわ。
私、恥ずかしいそうに、胸元の重ねを直したのでした。

01-02.jpg

お祝いのご挨拶が続きます。
私の席から、ひな壇にいるよし君、随分と遠くに見えました。

始めてYさんの事務所を訪れ、紹介されたときの初々しく思えたよし君。
我慢できずに、曇った唸り声を上げ、
私の胸元に、たくさんの男の人の液を出したよし君。
そして、彼の逞しいもの、
始めての女性として身体の奥に迎え、ふたりが他人ではなくなったあの夜。

c275402b.jpg

そんな時間が思い出され、
今、お互いの席の距離以上に、遠い隔たりが感じられて、
私、うっすらと涙を滲ませていたんです。
目頭をそっとハンカチで抑えた私に気付いた奥様、

「順子さんにも、ずいぶんと無理を言って」

二人のことの、何をご存じで、何をご存じでないのか、
その時の、私にはわかりませんでした。
だた、二人にとって、今日の日が、はっきりとした区切りになることは、
間違いのないことのように思えたんです。

弁護士と会計士のお嬢さんとの結婚とあって、
この街の著名人がたくさん出席されていましたが、
その他に、お若い方も多くて、大いに盛り上がった披露宴でしたよ。

0530_GO2_0223-560x370.jpg

お料理のメインは、フォアグラ。
苦手な方もいらっしゃるって聞いてことがありますけど、
まったりとした味で、美味しかったですよ。
私は、大好きです。皆さんは、いかがですか。

ロッシーニ3

お酒はスパークリングワインを頂きましたが、
私が、好きだってこと知って、翁先生からずいぶんと勧められ、
ちょっと、飲みすぎてしまいました。
「先生、もう、無理ですよ」って、胸元に手をあてて言う私のグラスに、
嬉しそうな眼差しの翁先生が、ほら、また、継ぎ足すんですもの。

「駄目だよ、父さん。順子さんに、そんなに飲ませちゃ」
「いや、順子さん、飲みっぷりがいいから」
「いいんですよ。私、美味しくいただいてます」
そう言うと、私、
何かを吹っ切るように、グラスを傾けたのでした。

宴の途中で、新婦が既に身重であることが披露されました。
「まぁ、できちゃった婚なの」
うつむいて恥ずかしいそうにしている彼女の白い身体の奥に、
私も泣きながら求めたよし君の男の人の液、きっとたくさん注がれて、
二人の愛が育まれていることを知らされたのです。

img58688997.jpg

華燭の宴もお開きになり、ホールでの新婦の胴上げが終わると、
無事に、披露宴が終わりました。

1821372767345.jpg

丁度、パパから連絡があって、そっちはどうかって。
お開きみたいって言ったら、ホテルのロビーまで迎えに来てくれました。

Yさんたちとパパも談笑。
よし君へのお祝いと、私が事務所でお世話になっているお礼。
翁先生も、ワインに酔って上機嫌。

「順子さんには、お世話になって、申し訳ない。
 これからも、ひとつ、大目に見てくれよ」って、パパと握手。

「楽しかったかい?」
「えぇ、若い人たちの出し物が、ふふ」
「よし坊は?」
「まだ、ちょっと、頼りないけど、これから立派になってくれるわ」

私は、そう言うと、パパの肩に、そっと頬を寄せました。
思いもかけないこの一年近くの時間だったけど、
こうやって、今夜パパと一緒に自宅に帰ることが、
それまでの、パパだけの妻としての自分に戻ることのように思えたのです。

穏やかな夜景の中を、二人を乗せたタクシーが、
ゆっくりと、自宅に向かったのでした。

121115.png


関連記事
08:10  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。