FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

よし君とのそれから2

2014.10.04 (Sat)


7101top.jpg

朝方の涼しい風が吹きぬけ、気持ちの良い時間でした。
下の娘を幼稚園バスに乗せた後、
ゆっくりと自宅に向かう、少しだけ上り坂の、住宅街です。

家の近くの角を曲がったところで、
あらっ、自宅の駐車場に、よし君の自動車が停まってるわ。

TOYOTA_Lexus_GS430_-_2007.jpg

「おはよう、何か御用かしら」

私が出勤する明日、書類をひとつ作って持ってきてもらいたいとのこと、
それはかまわないけど、けど、それって、明日でも遅くないんじゃない。

「朝ごはん、食べてきたの?」

リビングに通すと、飲み物を準備しながら聞いてみたけど、
まだって言うから、簡単な朝食を出してあげたんですよ。
両親とは離れての、マンションでの一人住まい、
きっと、ちゃんとした朝ごはん、食べてないんだろうなって、言ってみたんです。

ブロッコリーとレタスのサラダ、トーストには、バターと蜂蜜をたっぷり。
目玉焼きふたつと、かりかりのベーコンを四枚、そして、オレンジジュースに牛乳。

美味しそうに平らげてくれたヨシ君の前に、
コーヒーを置きながら、きっと私、嬉しそうに微笑んでいたと思います。

morning01_img01_m.jpg

その濡れたくちびるで、私を喜ばせてくれたのね。
コーヒーカップをソーサーに戻して、
満足そうにしているよし君のこと見ながら、
気付かれないように、私、そう思ってたんです。

2014-09-13 11.54.09

身体を繋ぎ合わせ他人ではない男の人に、
ささやかではあるけど、手作りの料理食べてもらう喜びって、
夫のときと同じように、やっぱり、女として嬉しいものですよね。

「書類は、大丈夫ですよ。明日朝には、お渡しできるから」

椅子に掛けてあった背広を、彼の肩に掛けながらそう言って、
玄関先まで送ろうと、背中を見せたと同時に、 

「この家での順子さん、見てたら」って、

息を荒くした彼に、ぎゅって、抱き寄せられたのです。

b8fc8dc9846f3d2c90f3065157d15fd6-630x821.jpg

もとちろん、私、強く抗いましたよ。
すでに、彼と数回の営みの時間を過ごしていることは、
まぎれもないことだったし、
人妻の顔に戻ったときでさえ、突然、よし君とのこと思い出して、
身体を熱くしてしまうことも、正直、本当だったんです。

けど、この場所は、主人と私の大切な場所だってことも間違いなく、
そこで、よし君の思いを受け入れることは、到底、できることではなかったんです。

けれど、私のそんな気持ちよりも、
よし君の私を求める気持ちの方が、勝っていたんでしょうね。
抱きしめられたまま、リビングのソファーに運ばれると、
あっと言う間に下着を脱がされ、耳たぶを噛まれながら、熱い息の中で言われたんです。

「すぐに、済ませるから」

ブラウスもスカートも、エプロンさえまだ身に付けたまま、
身体をつなげる為に、下着だけを脱いだ恥ずかしい姿でした。
そんな私に後ろから身体を被せて、
きしむようにして、驚くほど熱いものを入れようとしたんです。

潤いが足りなくて、少しだけ、痛みさえ感じたのに、
彼のものを迎えるために私は少しだけ太ももを開いて、その動きを助けてました。

そして、二度三度、身体を突かれているうちに、
奥から湧き出し愛液に助けられた彼の硬くなっていたものが、
思い通りに、私の身体の一番奥にまで、届いてしまったんです。

15.jpg

始めからの強い突きに、手を当てて遮ろうとした桃色の声が、
その動きに合わせるようにして、私の口から漏れ続き、
もう、慣れ親しんだといってもよい、彼のものの動きに、
私の方が先に、悦びの頂を引き寄せようとしていました。

208a5ae1-s.jpg

「一緒に」って、かすれる様な声で言ってしまったのは、
驚いたことに、私からでした。

目の前に迫ってきたその瞬間を、同時に迎えること求め、
両手を当てられた腰を、
自分の方から彼の腰に突き当てながら、よし君の射精を求めたんです。

そして、自分の方から、後ろを振り向くと、
慌てるようにして、よし君のくちびるを求めたのでした。

1313.jpg

僅かな時間だったと思います。
待ち望んだ強烈な悦びが私を襲ってきたと同時に、
彼のものを、自分でも分かるほど身体の奥が強く締め付け、
そこに注ぎ込まれだした熱い液を感じながら、
髪を振り乱し、激しく腰を揺さぶると、
遂に迎えた真っ白な悦びの頂に昇り詰めていったんです。

819b70e9-s.jpg



見送るとき、よし君、まだ、名残惜しい私の身体を抱きしめ、
なかなか放してくれなかったんですよ。

ほんの数時間前、大好きなパパを見送った玄関で、
よし君の求めるままにくちびるを重ねあい、
二人が満足するまでの永い時間、喘ぎ声を漏らしながら、
お互いの唾液をすすり合っていたんです。

thCAGPWENV.jpg


思い出すと、その頃の私、
よし君のこと、
もう、忘れられない身体にされていたのかもしれませんね。

c275402b.jpg




関連記事
13:46  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |