FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

よし君とのそれから

2014.09.17 (Wed)


ヨシ君と繋がりあい、彼のものを身体の奥に注がれたあの夜のこと。
けれど、他人ではなくなった二人の関係は、その時が最後ではありませんでした。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg

「順子さんの身体を思い出すと、堪らないんです。
 仕事が手につかなくて」
事務所に私とヨシ君だけだった、ある日の午後、
彼のデスクにコーヒーを持って行った時に、そう言われました。
 
「駄目ですよ、お仕事の途中でそんなこと考えたら」
彼は、うつむいて、小さく頷きました。

office1.jpg

自分の熟れ始めた身体に、彼のものを迎え入れてしまった私。
情熱的なその夜のことを、私自身、まだ、忘れることできないでいましたが、
それは、あくまでも、思いもよらなかった時間として、
そして、主人のいる人妻として、
忘れようと努めていたということだけは事実でもありました。

c275402b.jpg

「もう一度だけ、あの時みたいに」
彼の端正な顔立ちときらきらとした瞳が私を見上げると、
座ったまま、傍らに立っていた私の腰に腕を回してきたのでした。

「お願いだから、もう、言わないのよ」
なのに、そう言いながら、私の身体はあの夜のことを思い出していたのでしょうね。
腰に絡みつく腕を振り払うこともしないで、
そのまま、彼の手の温かさを感じ始めていたのです。

140514a_0001-580x725.jpg

「約束してね、今度が最後だってこと」
スカートの中に忍び込もうとした彼の手を止めながら、
私は、慌てながらも、そう言ってしまっていたのでした。

私の言葉にほっとした笑みを浮かべた彼、
ゆっくりと立ち上がり、私の身体を抱きしめると、
暫く前に、私が教えた通り、上手にくちびるを求めてきたのです。

一度肌を合わせしまった男性に、女性は弱いものですね。
私のくちびるをゆっくりと開いて、滑り込んできた唾液に濡れた彼の舌を、
むしろ私が待っていたようにして絡め吸っていたのでした。

imagesCA59K191.jpg

彼が私の身体に溺れないように、気を付けていたつもりでしたが、
恐ろしいほど硬く逞しかった彼のもの、
そして、驚く程おびただしい量だった彼の若く濃い液、
気が付かない間に私自身が、その若さに、ゆっくりと翻弄され始めていたのでしょうか。

c3737040-s.jpg

Yさんと研修生のお二人は裁判所へ、翁先生は、お友達との会食のためホテルへ、
お客様は事前に連絡があるのが当たり前の事務所だから、
重なり合った二人の恥ずかしい影を、誰かに見られることはありませんでした。

777449_00a5c0dedc_toppage_image.jpg

彼の男の人の液、あんなに沢山受け止めた私のお尻を、
その時のことを思い出すように、彼の手が這い回ります。

上手に外されたブラウスの開きから忍び込んできた手のひらが、
ブラと肌の間から少し強引に挿し入れられると、
彼にとっては懐かしいだろう私の乳房に被い被さり、
ゆっくりと持ち上げるようにして
その柔らかさと大きさを楽しみながら、揉み込み始めたのでした。

驚くように早く、乳首が硬くなったのがわかり、
同時に、溶けるような快感が、それまで以上に身体の中に広がり始め、
喘ぎ声が唇から洩れそうになって、やっと、彼の胸を押し返したのでした。

7b6ac544-s.jpg

糸を引くように二人のくちびるが離れ、
私は、彼に背中を向けて、息遣いの治まるのを待つしかありませんでしたが、
「順子さんのお仕事のない日に」
後ろから抱きしめられ、
耳たぶを優しく噛まれながら言われた、よし君のそんな言葉に、
再び、身体を繋げ合うことになるだろう時間を、
当たり前のように、約束をさせられてしまっていたのです。

Yさん、ごめんなさい。
大切な事務所で、こんなふしだらなことしちゃって、
でも、Yさんと奥様、お二人がいけないんですよ。
人妻である私の身体を、息子さんに与える算段、
ご夫婦がされたんですからね。



関連記事
07:20  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。