FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

浜辺での思い出

2014.08.20 (Wed)

子どもたちが京都に帰った後の今月末、Tさんの別荘に行くことになりました。
今のところ、いつものメンバーに、先日お話した里子さんご夫婦も一緒です。
主人たちはゴルフ、私たちはテニス、それに、海鮮バーベキューなど、
楽しい週末をって、思っているんですけど、
なんだか、やっぱり、Tさんとのことが心配で、
何もないといいんだけどなぁ。

雨が多い夏ですけど、今日は快晴で暑かったです。
こんなとき思い出すのは海。
皆さんと同じように、海水浴、好きですよ。
小さい時から両親によく連れてかれて、
泳いだり、浜辺や磯で遊んだり、楽しい思い出がいっぱい。
子どもたちとも、最近まで一緒に行ってましたが、
まぁ、私自身、今は、泳ぐと言うよりも、
その年に買ったお気に入りの水着で、
浜辺で昼間からお酒飲みながら、ごろごろしてるだけですけどね。

230a.jpg

二年前に行った浜辺で、びっくりした出来事ありました。
数日前から、いつもの桐子さんや葵さんと約束していた海水浴。
近くには、日本で唯一浜辺を自動車で走れる千里浜がありますが、
その日は、少し離れて、海の綺麗な泳げるところにしました。
葵さんちの車で朝早くに出発。

img02.jpg

海水浴場につきましたが、まだ、人が少なくて、浜辺も閑散としてたし、
早速水着に着替えましたが、脱衣場も私たちだけ。
お行儀悪いけど、バスタオルも使わないで、
一度全裸になって、水着着ました。

st232.jpg

あら、やっぱり少し小さかったかなぁ、胸が少しだけ、窮屈なんです。
苦しくはないんだけど、膨らみが露わで、
ちょっと、恥ずかしいなぁ。

01071.jpg

早速、波打ち際でばしゃばしゃしたり、泳いだり、
少し水温冷たかったけど、大いに楽しみましたが、
ちょっと大胆な水着姿の三人。
お相手するのが面倒なくらい、
同じ年くらいの男性グループから声をかけられて困りましたが、
まぁ、それは、それで、浜辺の楽しみですよね。

019145.jpg

暫くして、一息つきに浜辺のレストランに、
先に、有料の個室に入り、水着を脱いでシャワー使いました。

lryPzJaikN2S6CAyJVE.jpg

「順子」。
脱衣場を先に出た桐子が、建物の裏から声を掛けてきました。
どうしたのかしら、って、
幟や畳んだ椅子が置いてある、人目にまったくつかない影裏に、回り込みました。
やだぁ、誰、その子?
セクシーな水着姿の桐子さんの前に、
男性用の水着、膝まで下ろした中学生くらいの男の子。
うなだれているんです。

14143-6.jpg

「私たちのシャワー、覗いてたのよ。
 順子の裸、ばっちり見られてたみたい」
「やだぁ、ぼく、本当なの」
「ごめんなさい、お姉さんたち、とっても綺麗だったから」
「いけないのよ、こんなことしちゃ」
「うん」
私から言われて、いよいよ、うなだれてました。

00632.jpg

そんな様子、ちょっと可哀想に思えてきたんだけど、
あら、やだぁ、
彼のうなだれたもの、なんだか、大きくなってきたみたい。
水着姿の裸同然の女性に囲まれて、
そして、お話して、それが、刺激になったんでしょうね。

「やだぁ、ぼく、大きくなってきたわよ」
桐子さん、笑いながら彼の背中に回ると、その硬くなったもの、
後ろから柔らかい手で、包んだんです。

あぁって、彼、顎を上げて目を閉じると、細い声を上げました。
「まぁ、ぼく、おっきのね」
桐子さん、右の手のひらで、ゆっくりと前後に手を動かすと、
彼もその動きに応えるように、腰を揺すりだしたんです。

大人の人と変わらないような立派な男の人のもの、
やがて、その先から、透明な液が滴り始めました。
「おねえさん、あぁ、すごい」
目を閉じたまま息を荒げて、彼、酔いしれています。

「順子、おっぱい、見せてあげなさいよ」
えっ、なんで、私に振るの。
彼、えって、目を開いて、嬉しそうに私の方を見ました。
可愛らしい彼の、きらきらした眼差し。
もぅ、本当、私、そんなことするの?

仕方なしに、水着のブラのひもを解くと、
そっと、下にずらしました。

140527a_0012-580x386.jpg

プルンって、こぼれるように彼の目の前に現れた、
白いふたつのたわわな乳房。
それが、引き金になったのでしょうね。

「ごめんなさい」
曇った声と同時に、彼の腰、跳ねるように突き出され、
早くなった桐子さんの手の動きに助けられながら、
その先から、塊みたいな男の人の液、迸らせたのでした。

「やだぁ、すごい」
それは、彼の腰の突き上げの度に、何度も、何度も噴出して、
そのまま動き続けた桐子さんの手のひらだけでなく、
目の前に立っていた私の身体も濡らしたんです。
暖かい彼の液、私のおへそや太もも、おっぱいまで飛んできたんですよ。
それも、おどろくほど、いっぱい。
彼の腰の突き上げがやっと治まる頃、
その液、温かいまま、つうーって、私の裸の身体を伝い流れたのです。

01491.jpg

三人の荒くなっていた息が重なり合いました。
彼は、私の乳房を見て、思いもかけず射精できたこと。
桐子さんは、その彼のもの握って、希望のとおりに導いてあげたこと。
そして、私はその温かい精液、たくさん、身体に振りかけられたこと。

夏の浜辺での、驚くようなできごとでしたが、
なんだか仕方のないような時間だったのかなぁって、そんな気がしたのでした。

mg49.jpg

その後は、彼と彼のお友達と、皆でビーチバレーしましたよ。
時折、私たちの揺れる胸元に向けられる、若い男の子たちの視線、痛いほどわかったけど、
それは、それで、楽しかったです。
ふふ。

230a.jpg




関連記事
20:28  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。