FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

よし君とのこと4

2014.08.18 (Mon)



私は、乱れたシーツの上に彼が身体を横たえるように誘うと、
ひどく恥ずかしかったけど、彼の逞しい腰にまたがりました。
きっと彼には、自分のものと、
それを迎え入れようとしている、私の薄らと開き始めていた秘唇が見えていたはずです。

8f9de5877f65676519395e7ddd880f8f-630x924.jpg

中腰になり、彼のものに手を添えてさすりましたが、
流石に、硬さが戻らなくて、
そのままで私が迎え入れるのは、無理なように思えました。

「ママのおっぱいで挟まれると、堪らないよ」
パパからいつも言われていること思い出しました。
私、ためらうことなく、ヨシ君のもの、胸に埋めると、
両脇から挟んで、ゆっくりと揺らしてあげたんです。

pz123s.jpg

ヨシ君、幸せそうな声を漏らして、
私から、されるがままだっんですが、
そんなしてた私自身が、我慢できなくなって、
身体を下にずらすと、彼のもの、ゆっくりとお口に含んだんです。

主人との、営みの中では、特に珍しいことではないことも、
ヨシ君には、やっぱり、感激だったのでしょう。
自分のおっきなもの、ゆっくりと、私のお口の中に含まれると、
「あぁ、すごい」って、
ため息のような、声を出しました。

無題3

私も、彼のものを含みながら、
自分の身体がそれまで以上に潤み始めたことを感じていたんです。
時折、段々と硬くなったものが、喉の奥まで届いて、
うっすらと涙を浮かべましたが、
彼のものの先の、柔らかい部分に舌を絡めながら、
髪を揺らしながら、そして、手のひらを動かしたのでした。

彼にとって、始めての女性になる相手として、
私は、充分に、余裕をもって、受け入れるつもりでした。
けれど、女としての身体が、そうはいかなかったみたいで、
彼のものを、お口に含みながら、
早く、硬くなってもらって、
準備を終えた自分の身体の奥に、受け入れたいと思う気持ちの高まりに任せて、
はしたないほど、髪を揺らしていたのでした。

そんな私の動きに誘われて、口の中に感じるヨシ君、おっきくなってくれました。
これなら、大丈夫だわ、って、彼の腰にまたがる恥ずかしい自分の姿を思ったその瞬間、

「ごめんなさい」って、
そんなヨシ君の声と同時に、私の口に、
ひどく暖かいものが、注ぎ込まれ始めたのです。

後戻りのできないままに、彼のものを喉の奥に感じた私は、
そのまま、彼にたくさん出してくれるように、
そのまま、一番感じてくれるように、
跳ねるような彼のものを、懸命に吸いたてていたのでした。

01668.jpg

宮台に置かれた箱から、彼が申し訳なさそうに取ってくれたテイッシュの上に、
ところどころに、塊のようなものがある白い液体をそっと吐き出すと、
それは、つぅーっと、長い糸を引いて流れ落ちました。

a339df84-s.jpg

そして、思いもよらぬ時間になったこの夜の終焉に、
私は、そっと、青い息を吐いたのです。

b0214819_20251978.jpg





関連記事
21:14  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |