FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

よし君とのこと3

2014.08.15 (Fri)


バスルームで一度済ませたので、ヨシ君、少し落ち着いたみたい、
広いダブルベッドの上で、珍しそうに私の身体を触りだしたので、
彼がしたいように、してもらっていましたが、
段々と、私の声も喘ぎ声に変わりだしました。

ゆっくりと太ももを開き、彼を誘うと、
彼のくちびるが、私の秘唇に触れてきました。

kn244_20140618155455e95s.jpg

濡れた溝を、舌先がなぞり、柔芽を見つけると、
溢れはじめた蜜を、時折、音を立てて、吸ってくれてましが、
まだ、何も教えてはいないのに、思っていた以上に上手な舌の動きに、
想いもかけず、喜びの頂がみえてきたのです。

「あぁ、ヨシ君、上手よ」って、私、自分の胸を揉み悶えながら、
彼の舌の動きに誘われて、喜びの向かうままに、自分を解き放ったのでした。

「ヨシ君、私、いっちゃうわ」、
彼の髪を自分の太腿の間に、思わず押し付けると、
背中がシーツから浮きあがり、全身に強烈なアクメが襲ってきたのでした。

9fb6544eafed5a02c6572af272a25ede-630x441.jpg

続けて二度、その姿勢のまま、喜びの声を彼に聞かせることになってしまいました。

涙に潤んだ目で、彼の身体を誘いました。
充分に、男の人を迎え入れる準備を終えた私の身体に、
彼の身体が被さってきて、
私は、彼のものに指を絡め、
そっと、自分の秘唇にあてがったのです。

see260s.jpg

「よし君、まだまだ、男としてライバルじゃないからね」って、
主人の言葉が思い出されました。

パパ、ヨシ君の、すごいのよ。本当に、これ、入れられていいの?
彼の太いものの先が、濡れそぼった私の秘唇を、ゆっくりと押し開きはじめました。
「そうよ、慌てないで」って、掠れた声でそう言った瞬間、彼、

「あぁ」、って、女の人みたいな、細い声を出して、
あえなく、またも、噴出を始めてしまったのでした。

秘唇の、蜜液の感触に耐えきれなかったのでしょうね。
私の柔らかい乳房の上や首筋に、二度目だというのに、
多量の男の人の液、撒き散らしたのです。

002124.jpg

そのまま、抱きしめ合っていましたが、少しずつ、喘ぎも治まり始めていました。
「いいのよ、最初は、仕方がないんだから」
よく頑張ってくれたヨシ君の髪をなぜながら、
私自身も、なんだか、充分に満ち足りた気持ちだったのです。

f9c06e64dfa93201560b0b067bcd42aa-630x407.jpg

その後は、二人とも、ほとんど裸の姿のまま、
目の前に広がる夜景を眺めながら、彼はビール、私はワインを頂きました。

b0214819_20251978.jpg

「どう、少しは慣れた、女の人の身体に」
「すいません、何にもできなくて」
「そんなことないわ、ヨシ君、上手だったわよ。
未来の彼女もきっと、喜んでくれるわ」
そう言うと、ヨシ君、私の隣に座り直してきました。

「あぁ、こうしてるだけで、堪らないんです」
そう言って、私の肩から、白いバスローブを抜くと、
さっきと同じように、恐る恐るって感じで、
私の乳房、掬うようにして揉み始めたのでした。

さっきまで、あれほど拒み続けていたくちづけも、
私、ほとんど抵抗なく、むしろ、自分から求めていました。

01712.jpg





関連記事
14:39  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。