FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

よし君とのこと

2014.08.09 (Sat)

台風が心配な週末ですね。
皆様、いかがお過ごしですか。
こちらは、雨、風とも、今のところ心配なことはありませんが、
これから、お花の鉢とか、避難させようかなぁって思っています。
皆様、お気をつけて、お過ごしください。

さて、数年前の、お勤めを始めた頃のこと、
書かせてもらっています。
続き、読んでみてくださいね。


「Yさんから、息子さんとお付き合いしてくれるように、また、頼まれたの」
今夜は、ロースのお肉と、コンキリエッテのパスタ、それに、マッシュポテト。
美味しい、美味しいって、主人、喜んでくれて、
そんな話にも、いたって能天気で、
「ああ、この間、Yさんに仕事で会った時に頼まれたよ。」

e0067538_1357448.jpg

「食事して、お酒に付き合うくらいならいいけど」
「いいんじゃない、そのくらい」 
「けど、それだけじゃ、済まないかもしれないわよ」
「先輩にも、翁先生にも、仕事で結構お世話になってるからね」って、
コンキリエッテのパスタ、スプーンに山盛りに掬って、口に運びました。
やだ、それって、自分の仕事のために、私の身体、貢物にするつもり!

see376s.jpg

「よし君、まだまだ、子どもみたいなもんだから。
 順子と何かあっても、なんとも思わないかもしれないなぁ」だって、
「いいの、へんなことになっても」
「順子が良ければ、僕は別にかまわないし、多分、へんなことになんてならないさ」

主人、Tさんとのことでは、けっこう、ギラギラした目だったのに、
ヨシ君のことでは、なんだか、拍子抜けなんです。
あら、これじゃぁ、二人のための刺激にならないいわね。
って、そう思いました。

それに、主人が言っていたように、
ヨシ君のこと、大人の男の人って思えないところがあって、
なんだか、まだ、子どものように感じていたことが、
正直なところだったんです。

777449_00a5c0dedc_toppage_image.jpg

勤め始めて、暫くしたとき、
Yさんの部屋で、資料の整理をしているときに、
「順子さん、ほら、家内が、歓迎会のときに言ってた義則のこと」
「えっ ああ、私がお付き合いしてあげるってことですか」
「うん、そうそう、それ。家内が、順子さんの気持ち聞いてきてくれって言うんだ」
「ええ、私は、構いませんけど、何をすればいいんですか」
「いや、何をって、ほら、食事して、お酒飲んで…」
「それで」
「後は、順子さん次第さ、ご主人にも、また、頼んでおくからさぁ」
「私次第って、人妻なんですよ」
「うん、うん。わかってるよ。まあ、成り行きだよね」
「駄目ですよ、成り行きだなんて。
お食事して、お話をして、その後は、ちゃんと送ってもらいますから」
って、笑顔でそういった後、主人の言葉、思い出しました。

『先輩にも、翁先生にも、仕事で結構お世話になってるからね』

「もちろん、それで、構わないよ。 
あいつ、そんなことも、きっと、まともにできないんだろうけど」
 
6d5edbba.jpg

結局、それから、何度かヨシ君と、デートしましたよ。
未来の奥様のために、いろいろと教えてあげたつもりです。
素敵なレストランの選び方や、ロマンチックなお店での振る舞い、そして、会話。

最初のデートで、お仕事の時と同じ、地味なスーツで来たので、
早速、主人御用達の、仕立て屋さんに連れて行って、
上品なチェックのジャケットとスラックス、ワイシャツを採寸。
それに、アスコットタイもプレゼント。

私が、カードを使っていると、
「すいません、いいんですか」って、申し訳なさそうな彼。
「今度までには仕立て、間に合うから、楽しみにしてるわ」
もともと、Yさんに似て、長身で端正な顔立ちだから、
少しは、これで、見栄えも良くなるかなぁ。

JAB00S1_1.jpg

それから、女性とお付き合いするときの、大切な場所。
レストランでの食事のマナーも、ふふ、お勉強。
だって、何にも知らないんだもの。

お飲み物はって、聞かれてきょとん。
ワインリストを頼むのよ、って、教えてあげたのはよかったけど、
リストを開いて、ますます、困った様子。
ふふ、まぁ、それも、可愛いかったけど。

640x640_rect_13310560.jpg

それからも、何度かデート。
私が作ってあげたジャケットも、うん、素敵だったし、
フルコースも安心して、楽しめるようになりました。
ええ、なかなか、立派な紳士になってくれたと思いました。
この調子だったら、すぐに、素敵なお嫁さん候補ができるわ。

ヨシ君のお母さんから、何度も、お礼の電話がありました。
「お世話になりますね。順子さんのお陰で、
何だか最近は、女性とのこと、自信がついたみたい。
 お見合いのお話ししても、自分で見つけるからって、
ふふ、ありがとうございました」

デート代、ヨシ君から、随分と出してもらってたので、
そのこと、丁重にお礼を言ったんですけど、
逆に、オーダーしてあげたジャケットのお礼の後、
思いもしなかったこと、言われちゃいました。

「それが、あの子、女の人とまだみたいなの、どうしようかしら」
どうしようかしらって、そんなこと、私に言われても困るわ。
えっ、それって、もしかして、私がヨシ君の、初めての女性になってくれってこと!

16b921ba-s.jpg

「変な女の子に捕まったら困るし、男の子は大変だわ、慣れてないと。
 ねぇ、順子さんみたいな人だったら、安心なんだけどねぇ」

やだぁ、へんなこと言わないでよ。
「それに、順子さん、そういったこと、上手そうだし」
ばかぁ、知り合いの息子さんのお相手をするなんて、
出来っこないじゃない。

「いろいろ、お願いよ」
お話は、それで終わったんだけど、
ヨシ君も、そんな目で、私のこと見てたんでしょうか。

2014-02-22 16.34.38-1





関連記事
13:51  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |