FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

佐渡旅行3

2014.08.01 (Fri)


自分の部屋に戻ると、流石にほっとしました。
今日一日の移動の疲れ以上に、
やっぱり、張り詰めていた気持ちの方が大きかったような気がしたんです。

けれど、先生から言われた言葉、
「今夜、もう一度、逢いたいね」ってその言葉に、
どんな意味があったのでしょうか。

15.jpg

寄り添って過ごした今日一日、
先生への気持ちの傾きは、正直、自分にも感じ取れました。
このまま、先生のお部屋に行ったら、
旅行前に心配していたような、そんな時間になっていまうかもしれない。

抱き寄せられ、くちびるを求められ、
そして、先生のものを、開いた身体の奥深くに迎え入れる。
そんな、時間の予感を感じて、薄っすらとした眩暈を感じました。

16.jpg

その時、籐のテーブルの上に置いてあった電話に、
深い青の色が瞬き、瞬時に私は、人妻としての、
そして、母親としての顔に戻ったのでした。

「パパ? 子どもたちは?」
「あぁ、親父たちに甘えられるから、上機嫌さ。 今、どうしてるの?」
「私? 自分のお部屋よ。パパがいないから、一人で寂しいわ」
「先生たちとは?」
「ええ、さっきまで、一緒にお風呂、入ってたの」
「えっ! 二人で」
「ふふ」
「裸、見られたのか」
「お風呂だから、しょうがなかったわ」
「断れなかったのか」
「だって」
そんなこと話しているうちに、
パパの息遣いが、少しだけ、荒くなっていくのがわかりました。

今朝まで一緒にいたパパの声が、ひどく、懐かしく思えて、
私、浴衣の胸元を少しだけ開くと、左手を滑り込ませ、ブラのホックを外したのです。

17.jpg

大好きな主人の声を聞きながら、ゆっくりと自分で乳房揉みながら、
既に、硬くなっていた乳首に手の平が触ると、
あっと思うような甘い快感が、身体中に流れ込んできました。

「求められるかもしれないわよ」
「ああ」
「パパ、それで、いいの?」
遠く離れているはずの、お互いの荒い息が、部屋の中で絡み合いました。
沈黙の後のパパの言葉は、
「順子のしたいとおりにすればいいさ」

小さなガラスのテーブルの上に電話をそっと置くと、
ひとつだけ息を吐きました。
心配していた夜に向かって、
桃色の時間がゆっくりと流れ始めたように思えたのです。

「順子のしたいとおりにすればいいさ」

18.jpg

先程聞いたパパの言葉に誘われるようにして、私は立ち上がり、
部屋の鏡の前に立つと、
浴衣の襟元に見える後れ毛を上げ直し、簡単な薄化粧をしました。
お湯を使ったばかりの肌は、自分でも惚れ惚れとするほど、輝いていたのです。

18b.jpg




関連記事
20:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |