FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

翁先生との午後

2014.07.21 (Mon)


140514a_0001-580x725.jpg

週に三日間、主人を送り出した後、事務所でお勤め。
帰りに主人のためにお買い物して、夕食の準備をするって生活になりましたが、
特に忙しいとは思いませんでした。

むしろ、メリハリが付いたし、世間勉強もさせていただいて、
良かったと思っていました。

777449_00a5c0dedc_toppage_image.jpg

事務所は、静かで過ごしやすかったですよ。
皆さん、一生懸命難しいお仕事をされていて、
私が準備するお茶の時間を楽しみにしてもらっていました。

Yさんが中心となって、事務所のお仕事をしていましたが、
翁先生も、この街の著名な方々相手のお仕事もあり、
忙しくされていたんです。

30000106_1.jpeg

その日も、そろそろ、帰る時間になっていて、
夕食は何にしようかと、考えていたところでした。

「順子さん、悪いけど、所長に、書類届けてくれないかなぁ」って、
Yさんに言われ、少しだけ、早めに帰宅することになったのです。
それまでも、時々、そんなことが、ありました。
この時みたいに、自宅に行くのは初めてだったけど、
出先にいる翁先生に、書類を届けることは、特に珍しいことではなかったのです。

翁先生の自宅の場所は、大体見当がついていたので、
すぐに見つけることができました。
翁先生の趣味が伺える素敵な佇まいでしたが、
小型の赤い自動車は、奥様のものだったのでしょうか。

インターホーンのボタンを押しましたが、応答がありません。
門を開いて、玄関ドアのノブに手をかけると、
そのまま、開いたのには、ちょっと、驚きました。

IMG_1764.jpg

玄関先で、書類を渡そうと声を掛けましたが、
誰かいる気配がありません。
事前に、私が来ることは連絡してあるはずなのに、
私は、ちょっと、心配になってよく磨かれたフローリングに上がりました。

先生がこの広いお屋敷のどこにいるのか、
なぜだか、初めから、わかっているかのように、
誘われるように廊下を歩くと、リビングのドアを開いたのです。
厚いカーテンの隙間から、
どんよりとした鉛色の空の、
薄っすらとした微かばかりの陽が、広いリビングに射していました。
微かな紫色の靄のような大気が、部屋の中に漂っていたのは、なぜだったのでしょうか。

ikea-2010-living-room-ideas-5-554x327.jpg

先生は、上質なソファーに横になって、眠られていました。
低いテーブルの上には、いくらかの書類があったので、
多分、それをご覧になっている途中で休まれたのでしょうね。
お部屋は、週に何回か来られる家政婦さんのお陰でしょうか、
綺麗に片づいていましたが、
キッチンのシンクを覗くと、趣味の良いコーヒーカップとソーサー、
それに、数枚のお皿が置かれていたんです。

私は、大きな冷蔵庫の横にある木製のキッチンロッカーを開け、
中から水玉模様のエプロンを出してリボンを結び、
そのお皿を洗い始めたのでした。

kitchenidea2-1.jpg

その時、「じゅんこ」という、掠れたような声が背後から聞こえ、
私は後ろから羽交い絞めに抱きしめられました。
不思議なことに、身体に力が入らないで、
声をあげることも、抗うこともできませんでした。

エプロンの胸元から、先生の両手が入り込んで、
上手にブラウスのボタンを外すと、襟元を大きく開き、
手のひらが、ブラと肌の間に挿しいれらたいうのに、
なぜだか私は、抗いませんでした。
どうしてだか、分かりません。
何か、与り知らぬ力が、そうさせているように思え、委ねるしかなかったのです。

bc5b006f-s.jpg

「このエプロンを着けてくれたんだね。
 私が二人で行った、最期の旅行のときに買ってあげたものだ」と、
目の前にいる私ではない人に、語りかけたように先生は言いました。

後で思ったことですけど、
私は、始めて来た広いお宅だというのに、迷うこともなくリビングに向かい、
一目ではエプロンが入っているなどとは思えないキッチンロッカーを開き、
そして、何枚も掛けてあるうちから、その水玉模様のエプロンを選んだのでした。
何かが、私にそうさせたのでしょうね。

胸をはだけさせたまま、抱かれるようにしてソファーに倒れ込みました。
日頃の穏やかな先生からは、予想できないほど情熱的に抱きしめられ、
二度ほど、「じゅんこ」って、名前を、呼ばれたような気がします。
私は、甘い声をあげて、身体を悶えさるしかありませんでしたが、
先生の寂しさが染み透るように、心を染めました。

51.jpg

「お寂しいんですね」
力を緩めてくれた先生の両腕からすり抜けると、
少しだけ、息遣いが整った私は、
胸元を直しながら、そう、言うのがやっとでした。

「申し訳ないことをした。何と、お詫びしていいか」
「いいんですよ、先生の心が癒されるんでしたら、
 私、なんでも、お手伝いしますから」
その時は本当に、そう思ったのです。

d9c31c14-s.jpg

やっと締め直したブラウスのボタンは、
それから、いくらもしないうちに、またも外され、
先生の唇は、悪戯のために硬く尖っていた私の乳首を、
そっと、吸い出していたのです。

そして、私の手の平と指は、先生の下半身から、
まるで、若者のそれのように、
逞しい姿を見せた男の人の印に絡み、ゆっくりと動いていたのでした。
なぜ、自分が、こんな時間に導かれたのか困惑していたし、
先生の息遣いは、いくらもしないうちに、荒くなって、
もう一度、
「じゅんこ」って、掠れた声で呼ぶ声を聞くことになったのです。

そして、その途端、私自身がまったく意識しないままに、
先生の素敵なロマンスグレーをふくよかな乳房に抱き寄せながら、
日頃自分でも聞いたことのない、別の人が言わせたような優しい声で、
ゆっくりとつぶやいたのです。
「まさひこ さん」

01d561d8-s.jpg

その声に応えるように、そっと頷いた先生の閉じた瞼から、
ゆっくりと、一筋の涙が伝い流れ落ちるのが分かりました。

先生の男の人のものに、力がみなぎり、
きっと、ここにはいない人へ、想いを果たす時が迫っていることが分かりました。
私は、「じゅんこ」さんが望むがままに、
その逞しいものに、そっと、くちびるを近づけていったのです。

無題3

先程まで、どんよりとしていた空は、
いつのまにか、夕焼けの茜の色に染まり始めていました。
そして、カーテンの細い隙間からは、
その明るい光が、誰かが、何かを語りかけるように、斜めに射し込んできていたのです。



「どうかしたの? 何だか、今夜の順子は変だよ」って、
その夜、珍しく自分の方からからおねだりした私、
主人に抱かれながら、そう、言われました。

私も、なんだか、自分のものではない身体のように思えて、
大好きな主人の可愛らしい乳首を啄ばみながら、
目を閉じて甘えるしかなかった、そんな夜だったのです。

c275402b.jpg




関連記事
11:11  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。