FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

佐渡旅行2

2014.07.30 (Wed)

6.jpg

新潟港からおっきなフェリーで佐渡に渡りました。
翁先生とYさんご夫婦、私と義則君と研修生のさくらさんの6人。

Yさんのお付き合いのあるフェリー会社のご配慮で、
特別料金でスイートルームと特等船室を利用させてもらい、
2時間半の船旅も快適に過ごすことができました。

7a.jpg

翁先生と私は、スイートルームに部屋割りされていて、
部屋のバルコニーで、先生から自然に腰を抱き寄せられ、
佐渡の島影が見えるまで、
爽やかな潮風に吹かれながらの船旅を満喫することができました。

7b.jpg

港に着いた後、タクシーに乗って、まずは朱鷺の森公園に到着。
観察通路では、幸運にも、文字通り朱鷺色の羽を広げてくれて、
その素晴らしい色合いを見せてくれました。

8.jpg

翁先生と腕を組んでの散策でしたが、
私は特に嫌ではなかったし、
時折、先生の肘で、私の胸が揉むようにこねられるのは、
仕方がないのかなぁって、許してあげるしかありませんでした。

9a.jpg

早めに、佐渡の西側にあるホテルに到着。
もちろん、私と先生のお部屋は別でしたが、
最初に先生のお部屋にお邪魔して、お茶を入れました。
ベランダの窓越しに景色を眺められていた先生、
「久しぶりだね、佐渡も。変わらず綺麗なところだ」

そうおっしゃった先生の視線の先には、
濃い青空の下に、昼下がりの穏やかな美しい海を見ることができました。

9b.jpg

それぞれの部屋で、お湯を頂いた後、
個室の宴会場で、ふふ、待っていたお夕食、あぁ、お腹減ったわ。

私たちの街が、海産物では日本一って思ってますが、
やはり、佐渡は離島。
アワビやウニなど、おいしいものがいっぱいで、
皆さん、大満足だった様子。
お米どころである新潟、日本酒も、やっぱり美味しかったです。

10.jpg

お食事が終わりごろになってYさん、
「屋上の露天風呂、9時から予約してあるから、皆で入ろうか」
「ああ、眺めの良いところだからな」
「順子さんも来てね、一緒に入りましょ」

一度お部屋に戻って、やっぱり、どうしようかなぁって、ちょっと迷ったんですけど、
断わるのも変だし、結局は、ご一緒させてもらうことにしたんです。

11a.jpg

浴衣を脱いで、バスタオルでしっかりと身体を巻こうとしたのですが、
それじゃ、余りに大人げないかなぁとも思えて、
身体の前を隠すだけにして、脱衣所を出ました。

既に、Yさんご夫婦と、先生が浸かっていて、
私に気づくと、笑顔で迎えてくれました。
あら、義則君とさくらさんは居ないみたい、
二人とも若いから、温泉とか興味ないのかもしれませんね。

12.jpg

薄っすらとした薄墨のような闇に包まれた山並みと、僅かに白い波が見える濃紺の海、
それらを見下ろす、数人にはもったいない広い湯殿が二つ、
来て良かったって、本当に思えるお風呂です。

11.png

先生に手招きされて、お隣に静かに浸かりました。
「料理も良かったけれど、この風呂もここの楽しみのひとつだね」
「ああ、予約してて良かった。父さんに喜んでもらえて」

「それに、お父様、裸の順子さんがお隣で、ふふ、良かったですね」
「ああ、順子さんが来てくれて、良い旅行になりそうだよ」
そう言って先生、私の方をゆっくりとご覧になりました。

13.jpg

「それにしても、順子さん。綺麗だわ、エステ行ってるんでしょ、
 私もご一緒しようかしら、ねぇ、パパ、いいでしょ」
「そりゃぁ、かまわないさ、
ママが、順子さんと同じように素敵になれるなら、そりゃぁ、大歓迎だ」
「けど、順子さん、モデルさんみたいに身体細いのに、おっぱい、すごいわぁ」

皆の視線が、浮いたバスタオルに隠しきれない私の胸に、注がれたのが分かりました。
慌てて、タオル引き寄せたんですけど、
きっと、それって、もう、遅かったんでしょうね。

「ご主人、お幸せよね。そのおっぱい、独り占めなんだから」
私は、益々、恥ずかしそうに顔を伏せましたが、
そんな様子を、皆、嬉しそうに見てたんですよ。

993eba2a7c392ac16a4a663bbc197c30-630x371.jpg

お風呂を終えて、皆でお土産店を覗いた後、
先生のお部屋の前まで来たとき、
「お茶でも、入れてもらおうかな」
断わるわけにはいかなかったので、中に入って、急須の準備をしました。
高級な茶葉だとわかる、濃い香りの湯気が立ちのぼります。

14.jpg

ベランダの籐の椅子に掛けられていた先生の前に、
そっと置いて立ち上がると、
「部屋の鍵は開けておくから、今夜、もう一度、逢いたいね」って、

私は、もう一度浴衣の胸元を直しながら、
その言葉に応えることなく、黙って部屋を出て行ったのです。

9863e36d.jpg






関連記事
21:35  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。