FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

佐渡旅行

2014.07.28 (Mon)



1.jpg

お勤めを始めて、最初の夏。
事務所で、毎年行かれている旅行に連れて行ってもらいました。

年に数回の親睦旅行で、
近くの外国まで足を延ばされることもあるそうですが、
夏の終わりに大きな裁判があるとのことで、
今年は、近くの佐渡への二泊三日の小旅行にしたとのことです。

当日は朝早く、特急のグリーン車で新潟まで行きましたが、
途中でちょっと驚いたことがあったんです。

2.jpg

電車の座席は、翁先生のお隣に座ったんですが、
動き出して暫くすると、
先生、素敵なお財布を私の膝の上に載せながら、
ホテルの支払いは、クーポンがあるだろうが、
途中での皆のちょっとした支払いは、私にして欲しいとのことでした。

始めは遠慮しましたが、
こんな旅行の時は、今まで、奥様がそうされていたとのお話を聞いて、
お財布、預かることにしたのです。

早速、車内販売で購入したお弁当や飲み物などの支払いを、
私が皆にその旨を話して、まとめて支払うことになりましたが、
皆、至って自然に応じてくれて、安堵したんですよ。

3.jpg

数日前の、寝室。
「翁先生と、大丈夫かしら」
私が旅行で留守にする間、主人と子どもたちは、実家で過ごすとのこと、
お父様たちは、孫たちとの数日を楽しみにされているとのことでした。

「何が」
「旅行中、奥様の代わりをすることになるかもしれないわよ」
「代わりって? まさかぁ」
「それが、事務所で、二人になったときとか、私のこと見る目、ちょっと心配なの」
「順子が、亡くなった奥様に似てるって、Yさんも言ってたからね」
「もしも、旅行中、奥様の代わりに、求められたらどうする?」
「そんなことないって」
「そうかしら」
「心配しなくていいよ。それに」
「それに?」
「どうしてもって、翁先生が言うんだったら 仕方がないし…」
「えっ?」

私の胸にあった主人の手のひらに、それまで以上の力を感じました。
「断れないかもしれないわよ、パパ、いいの」

4.jpg

ちょうど、このころからだったかもしれません、
ヨシ君のことなど、他の男の人と私とのことが、パパとの話の中にでるようになったのは。

私が、パパのこと、大好きでたまらないこと、
もちろん、知ってるから、
なんだか、余裕だったんでしょうね。

それに、そんなことが、
主人にとっても、私たち二人にとっても、
ひどく、たまらない刺激だったのかもしれません
そんな話の後は、いつも以上に、私のこといっぱい愛してくれて、
それは、それで、ふふ、私、幸せだったんですけど。

5.jpg




関連記事
21:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。