FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

トロッコ列車で

2014.06.23 (Mon)


バイキング形式の朝食は、とっても、美味しかったですよ。
目の前で焼いてくれる鮭フライや、出汁巻き卵、
その他にも、沢山の種類が準備されていて、
とても、食べきれないのが、残念でした。ふふ。

pic_dish_80648_05.jpg

中日の今日は、トロッコ列車に乗って、少しだけ遠出するそうです。
部屋を空けている時間に、新しいものが置かれるだろうけど、
彼の浴衣、丁寧に畳んで、ベッドの上に置くと、
彼の視線を気にしながら、シャワーを浴びた肌に下着を付けようとしました。
そしたら、彼ったら、今日も下着を着けないでって、
やだぁ、困るわ、そんなの。

140416c_00261-580x359.jpg

新緑の中を走るトロッコ電車。素晴らしい景色でした。
何種類かの車両があるそうですが、
私たちの乗ったのは、窓付きのリラックス客車。
沢山の人が乗り込んでいましたが、
成り行きで、私たちは、一番後ろのシートに座りました。
横に三人がけで、二人用と一人用に分かれていて、
当然、二人用の椅子に腰掛けましたが、随分と狭くて、
彼と身体を寄せ合うことは、不自然なことではありませんでした。
けれど、彼にはそのことが、とっても、幸運だったみたいですよ。

unazuki20030729i.jpg

窓際にしてくれたのは、嬉しかったけど、
トロッコが駅を出発すると、
彼ったら、私の肩に腕を回してきました。
狭いシートのために、それって、仕方のないことだったけど、
茜色のジャケットの裾から忍び込んできた手が、
薄手のセーターの中を、上手にゆっくりと這い上がってきたのです。
私、ゆったりとしたショールをしてたから、
他のお客さんが振り返っても、きっと、気が付かないだろうし、
それに、一番後ろの席だったから。

無題7

彼の言うがままに、下着を着けていなかった乳房を、
彼の広い手のひらが被います。
時折、乳首を摘んでくるので、私、ビクってするんだけど、
結構な振動のトロッコ列車、誰も気が付きませんよね。

lrg_10263557.jpg

駅に着くまでの1時間ちょっと、
私の乳房と乳首は、彼の手のひらで、好いように揉まれ摘ままれてました。
それって、私にとっては、もちろん、たいへんなことだったけど、
昨日の夜、私の身体を諦めてくれた彼に、
私からの、ささやかなご褒美だったのかもしれませんね。

images (1)

欅平駅に着くと、岩魚の焼き魚の定食をいただきましたよ、
彼が、ちゃんと、予約をしてくれてたんです。
岩魚、珍しいけど、とっても美味しかったし、
レストランの屋上から見た景色も、素晴らしかったなぁ。

r2_p01_L.jpg


そうして、彼との二日目の時間が過ぎていったのでした。

img_29.jpg


関連記事
20:39  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |