FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

「こと座流星群2014」の夜

2014.06.20 (Fri)

自分のものと繋がる私の身体を、彼、見下ろすと、
太股を大きく左右に開きました。
私の蜜液の甘い匂いが、二人の身体を包みます。
手を添えられた彼の熱いものが、私の、同じように熱く、
そして、おびただしく濡れた秘唇の溝を、
ゆっくりと、何度も、何度もなぞりながら、
少しずつ、けれど、確実に、
彼の、思うがままに、その入り口を押し開き始めたんです。

e7a05410-s.jpg

なすすべもない私の涙声は、とうとう、泣き声に変わってました。
とめどもなく、熱い涙が頬を伝い、
泣きじゃくるような声を出し始めていたのが、
自分にも分かりました。
けれど、この人の、今宵ばかりの妻になること、
もう、諦めるしかなかったんです。

ふいに、彼、転がるようにして私の横に、仰向けに身体を横たえました。
それまでの、部屋に満ちていた私の喘ぎ声が治まり、
静寂が二人を包みました。
見上げていた私には、彼の姿の変わりに、
それまで気がつかなかった、
天井にある、薄っすらとした桃色のライトの傘が見て取れました。

「大切な妻が、泣くほどいやがること、するわけいかないからね」

思いもかけない彼の言葉に、
はっと、しました。
かりそめとはいえ、彼にとって待ち焦がれた夫婦の時間だったのに、
それは、私の涙のせいだったんでしょうか。

私は彼に抱き寄ると、そっと、くちづけを求めました。
あれほど、嫌がっていたというのに、
自分の濡れた舌を使って、
彼のくちびるを開き、彼の舌を絡め吸ったのです。
「ごめんなさい、でも、ありがとう」
永い時間、お互いのくちびると、舌、そして、唾液をすすり合い、
喘ぎ声が漏れそうになりながら、私は、そう、言ったんです。

0776e7f18b6ebc9000d21406109d2e45-630x510.jpg

求められたわけではなかったのに、
彼のものに手を伸ばした私は、細い指でそれを包みました。
先程と同じように、大っきなままの彼のものは、
その先から滲ませた、おびただしい透明な液で濡れてました。
暫くの間、ゆっくりと、手を上下させてましたが、
ああ、いい気持ちだって、彼の言葉を合図のようにして、
なんのためらいもないままに、自分のくちびるを寄せると、
彼の、固く大きなものをお口に含んだのでした。

無題22

できるだけ、喉の奥にまでって、少し、涙を浮かべて髪を揺らしました。
そのことが、せめて、
私に対しての彼の優しい想いへの、恩返しだと思えたからでしょうね。

自分の、くちびると、舌と、手のひらと、指を使って、
一生懸命に、彼を頂に誘いました。
主人にも、よく誉められるから、彼にも、きっと喜んでもらえたと思いますが、
でも、これって、自分も、ひどく、感じるのは、
女性の皆さんは、ご存知のとおりと思います。

彼のものをお口に含みながら、
実は、その大っきなものを迎える準備のために、
私の身体からは、驚くほどいっぱいの、蜜液を滴らせていることに気付いてました。
どうかしたら、そのまま、彼の腰に跨って、
お口の中で、脈を打っているその大きなものを、
自分から導き入れたかもしれませんね。

無題3

「順子!」
唸るような声と、私の胸を楽しんでいた手のひらの力みから、
その瞬間が訪れたこと、分かりました。
彼が一番喜んでくれるよう、
私の身体を抱かなかったことを後悔しないよう、
それまで以上に、舌を巻きつかせて、手のひらで包んで、
とにかく、彼が、いっぱい出して満足してくれるように、
妻として努めを懸命に果たそうとしてたんです。

驚くようにたくさんの液が、私のお口の中を満たしだしました。
けれど、その大事なものを飲み込むことに、
こだわりや、ためらいはありませんでした。
確かに、強い匂いの、ひどく粘り気のあるたくさんの液を、
一滴も残さないよう飲み下すのは、正直、たいへんだったけど、
少しだけ、柔らかくなった、
彼のものの先に滴っていた名残りのものさえ、
まるで、絞りだすように、
そして、吸いだすようにして、喉を鳴らしたのでした。

42259283-s.jpg

夜空に「こと座流星群2014」の光の帯が舞い降りるころ、
彼の妻としての色濃い時間は、
こうして、静かに、流れ去ろうとしていたのでした。

maxresdefault2.jpg


関連記事
21:21  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |