FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

二度目の悦び

2014.06.18 (Wed)

彼のくちびるが、
私の、最も女である秘唇を求めるために、
身体を下にずらし、ゆっくりと太股を押し広げ始めたときも、
私は、彼のするがままに、身体を開きました。
おびただしく濡れた、秘唇を見られることは、
もちろん、ひどく恥ずかしいことだったけど、
それは、これから、いつわりとはいえ、夫婦の営みの時間を過ごす自分にとっては、
もう、仕方のないことのように、思えたんです。

無題2

永い時間、彼のくちびるは私の秘唇で這い回ってました。
柔らかな太ももの内側を、強く吸い上げられた時、
彼のくちびるの印を付けられるだろうことも、拒めませんでした。
くっきりと付けられたその印を、主人はどんな気持ちで見るのでしょうか。
溢れた蜜液は、音を立てるようにして、吸われ続けていたし、
彼の指で開かれた秘唇には、数本の指が差し入れられ、私に細い声をあげさせました。
そして、その指の出し入れを続けながら、
柔芽を彼の舌がなぞり、くちびるがそれを挟んだとき、
私は、あえなく、頂に登りつめることを彼に告げ、身体を仰け反らせたのでした。

bcf97cad711068dd883e96e6a7b1f70d-630x427.jpg

二度、三度と、今は、彼のものである私の身体を、強い麻痺が襲います。
それまで、自分の乳房に添えていた両手を、彼の髪に添え直すと、
恥ずかしいことに、更に深い喜びを求め、
自分の秘唇を、彼のくちびるに擦り付けていたのです。

喘ぎのため、乳房の揺れが、まだ、治まる前だというのに、
二度目の悦びに私を誘うため、
彼のくちびると舌が、濡れた柔芽に触れてきました。

彼のするがままに、彼の思うがままに、
私は、自分の身体を与え続けるしかない夜であることを、
諦めたように納得していたんです。

自分のものと繋がる私の身体を、彼、見下ろすと、
私の太股を大きく左右に開きました。
蜜液の甘い匂いが、二人の身体を包みます。
手を添えられた彼の熱いものが、私の、同じように熱く、
そして、おびただしく濡れた秘唇の溝を、
ゆっくりと、何度も、何度もなぞりながら、
少しずつ、けれど、確実に、
彼の、思うがままに、その入り口を押し開き始めたのでした。

e7a05410-s.jpg



関連記事
20:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |