FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

妻の務め

2014.06.16 (Mon)


skt08.jpg

山間のためか、温泉街にうっすらとした夕闇が、少し早めに訪れたころ、
お部屋で夕食を頂きました。

500_10627802.jpg

見事な料理が並べられ、このホテルの名前が付いたお酒を彼が頼みました。
けれど、妻として彼を迎える時間が、
だんだんと迫ってくること感じていた私は、
暫くは、なかなか、箸が進まなかったんですよ。

L3552060000456498.jpg

もう、後はこっちでするからと、彼が言って心づけを渡すと、
仲居さんがは皿を引きにくる時間などを私に説明して、部屋を出て行きました。

特別に頼んでくれたお酒も頂いて、自分がゆらって酔っていることが分かりました。
浴衣の前を開いて、胸を見せてって、彼から言われたときも、
少し驚きはしましたが、それまで、何度も重ね直していた襟元を開くまで、
余り時間はかかりませんでした。
彼ったら、あぁ、何よりの、酒のさかなだよ。って、
こぼれるように、彼の前に現れた私の乳房に箸の先を伸ばすと、
その先で、まだ、埋もれていた乳首を、啄ばみ始めたのです。

8a9995b6-s.jpg

くすぐったいわって、言いながら、
私は、彼のするがままに、息を乱していたし、
箸の先に反応して、固くなった乳首を彼が摘みあげるまで、
僅かの時間しか掛からなかったんです。
そんなことしながら、
夫婦の時間を迎えるための準備が、だんだんと整いつつあったんですね

h1_new.jpg




部屋の灯りを消すことを、許してはくれませんでした。
何も身に着けてない、裸の身体を抱きしめられていたのです。
とうとう、この時が来てしまっていました。
うっすらとした部屋の中、上質のベッドの上で、
私は、彼の妻として、今、務めを果たそうとして、
強く抱きしめられ、はしたない声を上げてました。
けれど、当たり前のように求められたくちづけだけは、
なぜだか、それまで通り、かたくなに拒んでました。

5774bcf9b85a9518e56905a2118b3712-630x456.jpg

諦めたように、彼は、
そのくちびるの先を、それまで、飽きることなく揉み続けていた乳房に移し、
その頂にある、乳首を深く吸い上げたのです。
甘い喘ぎ声が、自分の口から漏れることを、我慢できませんでした。
いつわりの妻とはいえ、その声を彼に聞かせることは、営みのときの、
妻の務めだと思えたんでしょうね。



関連記事
20:42  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。