FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

いつわりの夫婦の時間

2014.06.13 (Fri)



檜の湯殿で、僅かではあったけど、ほんのりと、木の香が漂います。
川面が見える窓があって、やっぱり、随分と寛げるように工夫してありました。

06-2l.jpg

彼と向かい合うようにして、お湯に浸かります。
けれど、身体を見られているのが居たたまれなくて、
その視線から逃れるために、背中を見せたのですが、
同時に後ろから抱き寄せられ、脇の下から差し入れられた彼の手のひらが、
私の乳房を下から掬い上げるようにして、被さってきたんです。
お湯に、僅かばかりの波が立ちました。

cf148b24-s.jpg

彼のくちびるが、私の首筋に当てられて、舌が這い回ります。
乳房からの甘い快感と、
これからのいつわりの夫婦の時間への予感のためか、
私は、うっすらとくちびるを開いて、甘い息を吐いてました。

2325.jpg

こうしながら、この浴室で、初めての彼を迎えることになるのかしら。
おとがいに手を添えられ、くちづけを求められました。
これまで、幾度となく、身体を寄せ合ったことのある彼でしたが、
人妻として、くちびるだけは、彼に許したこと、なかったんですよ。

993eba2a7c392ac16a4a663bbc197c30-630x371.jpg

「ごめんなさい」
思わず、そう言うと、私は、彼の腕から上手にすり抜け、
湯殿から、逃れていました。
かりそめとは言え、夫婦として裸の身体を寄せ合いながらも、
くちびるだけは、私の、人妻としての最後の貞操が、そうさせたんでしょうね。

彼の裸の背中に、少しだけ伸びをして浴衣を当ててました。
お湯を使った後、
そのまま、夫婦としての時間を求められるのかなぁって、
覚悟してましたが、
夕食の時間まで、温泉街を散策しようと、
彼が言ってくれたんです。

けれど、自分の浴衣を羽織ろうとしている私を後ろから抱きしめながら、
下着を着けないでって、言われたんですよ、
やだぁ、彼って、そんなこと言うんですね。

009117.jpg

お部屋には、幾種類もの色物の化粧浴衣が用意してあってよかったです。
散歩なので色物の浴衣に薄手の丹前を借りて、温泉街を二人で歩きました。
連休ってこともあって、たくさんの観光の方がいらっしゃってるみたい。

onsenhu34.jpg

私たち二人も、夫婦での旅行に見られていたんでしょうね。
まさか、本当のことは、わからないだろうから。

003120.jpg

小さな滝を眺め、既に散り終えていた桜の並木も歩きました。
彼に言われたように、下着を着けないできてたんで、
ちょっと寒かったし、それ以上に、恥ずかしくて、心配しました。

ts3i0001-600x450.jpg

下着をつけていないふくよかな乳房のため、
胸もとの重ねの乱れを、再三直しましたが、
組んでいた彼の肘が、浴衣越しに私の乳房を楽しんでるのが分かったし、
途中で寄った足湯に入るときは、
裾を上げなければいけなかったので、前に座っていたロマンスグレーの紳士に、
下着を着けてないこと、気付かれないかドキドキでした。
そんな様子を彼ったら、嬉しそうに見てたんですよ。
もう、やだぁ。

df39b28603ee5b94634d0b5c2f5523fd-630x944.jpg




関連記事
22:30  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。