FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

彼の妻として過ごす時間

2014.06.11 (Wed)


o0yUBa.jpeg


ゆっくりと二時間ほどで着いたところは、
私が昔家族で訪れたことがある、有名な温泉地でした。

5fc34_0000013193.jpg

老舗ホテルのフロントで、サインをする彼の横に寄り添うと、
ありきたりな夫婦がそうであるように、宿泊カードの上を滑る、彼の指先を見ていました。
彼の名の隣に書かれた「順子」という名前を見て、
これからの時間が、彼の妻として過ごす時間であることを、
改めて、許すしかなかったのです。

DSC_01661.jpg

荷物を持って、部屋まで来てくれた女性のポーターの方から、
「奥様に、パウダールームのご説明を…」と言われたときも、
不思議なことに、それほど、違和感はありませんでした。
きっと、周りの人からは、
どう見ても、仲の良い夫婦のように見えたんでしょうね。

数ヶ月前の雪の降った午後、口の悪い女友達から、
「彼と、新婚旅行行ってきなさいよ」って、言われてました。
彼と直接、今回の旅行のこと、
それほど詳しく話さないまま、ここにこうしているんだけど、
私が、彼の妻として過ごす数日の時間は、あたりまえのように、
こうして、始まったのでした。

案内されたお部屋は、
ホテルのひとつの階を、四つの部屋だけで使ってるという、
贅沢な間取りでした。
それに、部屋から見下ろす黒部の川岸と、目の前に広がる新緑の森林など、
申し分のない、素晴らしい部屋だったと思えます。

room004.jpg

彼が寛ごうと、上着を脱ぎだしたので、
私は、なぜだか当然のように、
彼からその品の良い柄のジャケットを受け取り、ハンガーを使いました。
そうしながら、今は、いろいろな意味で、
私は、彼の妻として、過ごさなければならないこと、
納得させられてたんですね。

暫くの時間、二人とも上品なソファーに座って、眺めを楽しんでましたが、
「街中を散策する前に、せっかくの温泉だから、汗、流しとこうか」って。
「着替えは? バッグ、開けていいのかしら」
そう言って、許してもらうと、
彼の、素敵な旅行バッグのファスナーを開きました。
代えのズボンや靴下と一緒に、下着類も丁寧に入れてありました。
桐子さん、どんな気持ちで、これ、準備したのかしら。



y-053026.jpg

「いいのよ、そんなことで私たち、別れるなんてことにはならないから」
あの日、雪に包まれた街を見ながら、
そんな風に話してた、桐子さんの言葉を思い出します。

「夫婦らしく、一緒にね」
そんな彼からの誘いを、断りきれませんでした。
妻としては当然のように、彼の下着と、そして、自分のものを手に取ると、
バスルームに向かったんです。

桐子さんの言葉はこちらからどうぞ ↓

雪景色の街

toyama_kurobe.jpg





関連記事
21:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。