FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

純君の悪戯

2014.06.04 (Wed)

天候に恵まれた今年の連休、
皆さんは、いかがお過ごしだったのでしょうか。
連休の前半、Tさんと桃色の時間を過ごした私でしたが、
後半には、福岡から、前に書いた、
いとこの純君夫婦と、その子どもたち皆がやってきました。

主人は運悪く、本日はお友達と朝からゴルフで、
数年ぶりの純君たちを、私が駅までお出迎え。
博多から新幹線とサンダーバードを乗り継いで5時間と少し、お疲れ様でした。
久しぶりの城下町だろうからと、
長町武家屋敷跡や加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡を案内しました。
子どもたちには、少し退屈だったかもしれないけど、
和菓子手作り体験では、皆喜んでくれたんですよ。

nagamachi101205a.jpg

20140523175647029.jpg

今夜、純君夫婦は、私たちの家に、
子どもたち四人は、主人の実家に泊まります。
純君には、懐かしいこの街の料理をと、
じぶ煮とかぶら寿しの下ごしらえはしてあるんですよ。

家に着いたので、純君からお風呂に入ってもらいました。
私は、年下のみどりさんと、お料理をしながら、いろいろと世間話しましたが、
相変わらず可愛らしくて、純君との仲も睦まじいと思えました。
純君がお風呂上ってきて、客間で着替えてる様子。
みどりさんにもお風呂勧めて、私は、料理を続けたんです。

鴨肉を切り分けているとき、後ろに純君が。
両脇の下から私の胸に、手の平を被せてきたんですよ。

140401c_0002-580x386.jpg

「だめよ、みどりさんがいるわ」
「大丈夫だよ、あのこ、お風呂長いから」って、
春物の薄手のセーターを下から捲ると、
上手にブラの前ホック、外したんです。
やだぁって、その手から逃れようと振り向いた途端、
私のくちびるに純君のくちびるが。

0776e7f18b6ebc9000d21406109d2e45-630x510.jpg

もちろん、抗ったんだけど、
掬われるように両乳房を揉まれ、
あん、って、仰け反って上を向いた私の乳首に、
純君のくちびる、吸いついてきたんです。
それと同時に、短いスカートに挿し込まれた手が、
あっと言う間に、下着下ろしたんです。
やだぁ、駄目だって。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

主人じゃない男の人にくちびるを許し、乳首を吸われ、
そして、下着を脱がされ、
本当だったら、とんでもないことなんですよね。
けれど、これまで、何度も身体を繋ぎ合った仲だったからでしょう、
私の、抗いも、形ばかりだったのかもしれません。

純君、私の身体をもう一度調理台に向かせると、
腰を押し付けてきました。
やだぁ、ここで、繋がるつもりなのかしら。

02176.jpg

熱い純君のもの、お尻に感じ、
彼の男の人のものの先が、私の秘唇を探しているのが分かりました。
「相変わらず、巨乳なんだね」
手のひらで私の胸を楽しみながら、
ゆっくりと、腰を動かして、私の入り口を探しているんです。

248ff508e4e09538bdd415f3a3561c26-630x804.jpg

「いやっ、かんにん」って、言ったのに、
「すぐに、済ませるから」って、
その言葉になぜだか納得したかのように私は、
彼が探しているものを、見つけやすいように、少しだけ、身体を前に倒したのでした。

私の太腿の間を、純君の熱いものが何度も擦りました。
その先が、私の秘唇をゆっくりと押し広げ、
懐かしい身体の奥にまで入り込み、そして、熱い彼の液が注ぎ込まれる。
後僅かで訪れる、その時のために、
私の身体から、ねっとりとした蜜が、滲み始めていたのです。



純君とのことは、「いとこ同士は鴨の味」で書いています。



関連記事
21:10  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)
 | HOME |