FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

久し振りのモーテル3

2014.06.27 (Fri)


数日前、台所で洗い物をしてたら、背後から主人、身体を寄せてきました。
「そろそろ、大丈夫な日だよね」
月の周期のことをいってるんです。
主人たら、私のそのこと、なぜだか良く知ってて、
心配しないで、思いっきり出せる日を狙って、モーテル、誘ってくれるんです。

主人に限らず、男の人って、そのまま女の人の中に出すのって、
やっぱり、とっても嬉しいみたいですね。
相手の女性に、自分の赤ちゃん産んでもらうのが、男の人のお役目だから、
当たり前かなぁ。
皆さんも、そうなんでしょうね。

epuepu01_013.jpg

と言うことで、いつものジャグジーのある行きつけのモーテル、
連れて行ってくれました。
その日は朝から、私、恥ずかしいけど、身体を熱くして待ってたんですよ。
ジャグジーの泡の中で、暫く、二人でいちゃいちゃして、
私の身体が、段々と、パパのこと、
迎える準備始めてるのわかりました。

0262.jpg

先に上がったパパ、ベッドの上で大の字、
大切なパパのもの、もう、こんなに大きくなって。
指を絡めながら、大事に、大事に頬擦りします。
先に滲み始めた透明な、ちょっとしょっぱい液を、舌先で掬い取り、
おちょぼ口をいっぱい開いて、ゆっくりとお口に含みました。
熱いパパのものに舌を巻き付かせると、
跳ねあがるようにして、硬さを増してくれました。

無題22

「上においで」
そう促されて、私、恥ずかしそうにして、パパの腰に跨り、
唾液に濡れたパパのもの、細い指で握って、
自分の秘唇に擦り付けます。
大好きなパパのもの、欲しくて、欲しくて、堪らなかったのです。
けれど、パパったら、わざと、逃げるように左右に腰を振って、
入れさせてくれません。

140527c_0024-580x727.jpg

喘ぎ声が強くなりました。
そんなパパに焦らされた私は、殆ど涙声で、
「パパ、お願い」
「欲しいって言ってごらん」
「ああ、嫌よ」
「太いのを入れてって、言ってごらん」
「やだあ、だめぇぇ」って、
そんな言葉のやり取りに耐えきれなくなった私は、
慌てるようにしてパパのものに指を添えて、腰を下ろしましたが、
それは、きっと同じように耐えきれなくって、
大きく腰を突き上げたパパの動きと、上手に合って、
私の身体の一番奥にまで、パパのもの、一気に突き入れられてきたんです。
たったそれだけで、短くも鋭い悦びの頂に達した私、
細い声をあげながら、パパの身体に噛り付いたのでした。

140527c_0023-580x773.jpg

大好きなパパの身体とひとつに繋がるほど、
私にとって幸せなことはありません。
私は、パパの腰に、いやらしく腰を擦り付けながら、
細い声をあげて、次の頂きを求めたのでした。

パパの大切な液、二度、身体の奥にたくさん出してもらいました。
何度、悦びを告げる声を出したのか、覚えてはいませんが、
声が少し掠れていたんですよ。


営みを終えた後は、満たされて気分で、
いつもと同じように焼肉屋さん。

main5.jpg

さっきまで、私の秘唇を吸いたてていたパパのお口に、
脂ぎったお肉を箸で摘まんで運んであげると、
パパ、嬉しそうに、食べてくれるんですよ。
ふふ。

DSC_7323.jpg

満たされた時間を、ありがとう。パパのこと、大好きです。




関連記事
21:54  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |  NEXT