FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

妻に戻る日2

2014.05.14 (Wed)


「帰ってきてたんだね」
鏡に映る私の後ろに、いつの間にか、主人が立っていました。
気配を察して、二階の寝室から降りてきたのでしょう。

「ごめんなさい、ご迷惑、かけました」
その言葉を、主人が聞き終わらないうちに、
案の定、私は、後ろから抱きしめられました。

594.jpg

「抱かれたのか」
そういわれながら、ブラを脱がされ、今朝までTさんに愛されていた乳房を、
焦るような、主人の手のひらが被います。
強い力に、私、思わず、声をあげようとしましたが、
手を添えられた、今朝まで彼のものであったくちびるに、
主人のくちびるが張り付いてきたのです。

1313.jpg

息を乱しながら、主人、私の身体から、身に着けているものを脱がせ、
恐ろしいほどに、熱く、硬くしたもので、
二人の身体を、後ろから繋げようとしてきました。

「二階で」って、言ったのに、許してはくれませんでした。
まだ、潤いの不足していた秘唇にあてがわれた主人のものが、
きしむようにして、私の身体を押し広げながら入ってくると、
両胸を掴まれ、そして、激しく突かれ続けました。

それは、これまでの私たちの営みにはなかったような、
乱暴な動きだったようにも思えました。
けれど、二人にとって、それは、仕方のないことのようにも、思えたのです。

1873-14s.jpg

他人の妻として過ごした、本当は、自分のものであるはずの私の身体を、
主人、そうして、引き戻したかったのでしょうね。

いくらもしないうちに、身体の奥に注ぎ込まれたパパの温かいもので、
やっと、本当の妻に戻れたことを実感しながら、
私は、穏やかな頂に登りつめていったのでした。

こうやって、案じていたTさんとの時間は、静かに幕を下ろしました。
思ってもいなかった時間でしたが、
そのことを望んだ主人にとっても、
そして、そのことを拒みきれなかった私にとっても、
後戻りの出来ない時間であったことは、
もう、間違いないことでした。

日記調のブログって、やっぱり、たいへんですよね。
Tさんと過ごした数日のこと、ここに書こうか、書くまいか、
今も、決めかねているんですよ。

o0yUBa.jpeg




関連記事
21:16  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |