FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

妻に戻る日

2014.05.11 (Sun)

o0yUBa.jpeg

Tさんとの旅行から、帰ってきた日、
ホテルを早く出発したので、自宅に着いたのは、まだ、お昼前でした。

ホテルの部屋で、今朝、シャワーを使ってたんですが、
その後、また、恥ずかしい時間を過ごしてたので、
自宅でも、シャワーを浴びました。

Tさんが望むがままに、楽しみ続けた私のくちびる。
Tさんが望むがままに、触れ続けた私の肌。
Tさんが望むがままに、揉み続けた私の乳房。
Tさんが望むがままに、吸い続けた私の秘唇。

私の身体は、この三日間の間、
そうやって、彼の妻としての役目を、しっかりと果たしていたんですね。

018.jpg

細いシャワーの水滴が流れ落ちる自分の身体を、
私は、愛おしく、なぞります。
そんな、自分の身体に注がれた彼の男の人のものが、
こうしている間にも、だんだんと、身体の隅々に滲み込んでいるんですね。

a933152f-s.jpg

バスルームを出ると、ドラム式の洗濯機を覗きました。
中には、旅行中に身に着けていたブラウスなどが回っています。
Tさんが、喜んでくれた、黒い下着。
彼との思い出の時間が、こうして、少しずつ、薄らいでいくのでしょうか。

2014-02-22 16.59.21

下着姿のままで、鏡に映る自分の身体を眺めます。
その肌は、旅行に行く前に比べても、
なぜだか、ひどく白さを増していて、
夫ではない彼から注がれた、男の人の液お陰なのかと、
ちょっと、憎らしくも思えたのでした。

4d8e12c6a.jpg


関連記事
10:27  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(13)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。