FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

撮影会でのハプニング

2014.05.30 (Fri)



早速その次の週、私には、気の重い撮影会。
カメラマンさんたちのご希望は、下着姿での撮影。
もう、駄目でしょ、そんなの、
けど、前日にKさんの奥様であるさくらさんに電話したら、
別に私はかまわないわって、いたって、上機嫌。
きっと、随分高いモデル料、もらったんだろうなぁ。

急なことだったので、スタジオの予約がとれなくて、Kさん宅での撮影会。
メンバーは私たち二人と、Kさんご夫婦。堅いお仕事なんですけど、
あまりこだわりのない、明るいお二人なんです。

カメラマンさんたち、三脚や、ライトのセットをするから、
その間に、モデルさんたちは、シャワー使ったらとのこと、
さくらさんと、きゃっきゃいい合いながら、お互いの身体、ソープで包みました。
どちらかと言うと、華奢な身体つきのさくらさんですが、
色が白くて、女性の私が見ても、とても素敵なんですよ。

be966afa-s.jpg

「やだぁ、順子さん」 私の乳房を触っていた手を、
お尻の方に下ろした時、さくらさんが、そう、言いました。
「そうなの、主人が、どうしてもっていうから」
「まぁ、ご主人にしてもらったのね。つるつるしてて、可愛いわ」
もう、恥ずかしいですよね。
だから、撮影モデルなんて、いやだって、いったのに。

31b6be5d-s.jpg

下着にバスローブを掛けた姿で寝室に行くと、
カメラマンさんたち、今や遅しと待ってました。
Kさんたちの、素敵な寝室に入るって、なんだか、ちょっと、どきどき。
申し訳ないのと、二人の秘密を知るように思えて、とにかく、どきどき。

「じゃ、お願いしまーす」って、カメラマンさんたち、ひどく嬉しそう。
その声に応えるようにして、さくらさん、下着姿でごろり。
私は、横のソファーに座って、黙って見学することにしました。

ええ、さくらさん、とっても、綺麗でしたよ。
下着姿のプロポーション抜群の身体、惜しげもなくカメラマンさんたちの前にご披露。
良い作品が、撮れたらいいなぁって、思ってました。
やだ、Kさんたら、息、荒くしてるわ。
ふふ、でも、それって、仲の良い夫婦のしるしですよね。
あら、主人も、同じように、ちょっと、危ない顔つき、
だめでしょ、人の奥様に、そんなになったら。

tumblr_mcap4zJ0Hq1rfkswfo1_1280.jpg

さくらさん、カメラマンさんたちの、注文どおりに、
横になったり、背中を見せたり、
ええ、いい作品ができそうな感じでした。
まぁ、モデルが良くても、写す人の腕にもよるんですけどね。

satuei.jpg

「はーい、次は、順子さん、お願いします」って、Kさんの声。
仕方ない素振りで、ベッドの上に。
さくらさんと同じように、いろいろと注文がありましたが、
あれから、また、欲しかったブーツをおねだりしてたから、仕方ないかなぁ。

_MG_3190.jpg

「せっかくだから、二人の絡んだ画も、欲しいね」って、主人。
もう、終わりにしたいわって、思っていたのに、
さくらさん、躊躇することもなく、ベッドの上に上がってくると、
私の背後に回りこみました。
二人の肌が触れ合います。シャワーを使ったばっかりだから、
お互い、さらさらのお肌、気持ちいいわ。
さくらさん、後ろから腕を回して、私の胸、手で覆います。
振り払うほど、嫌じゃなかったけど、
ブラのひもを外されたときは、流石に、慌てました。

852b637d.jpg

「さくらさん、駄目よ。それって、サービスしすぎだわ」
そう、言ったときには、もう、ブラ外されていて、
私の胸を隠すのは、彼女の手の平だけだったのです。

柔らかな光の中で、シャッターの音が、続いていました。
さくらさんの手は、上手に私の胸の張りを楽しむようにして、
時折、乳首をその細い指で挟んで、
私に、甘い声をあげさせていました。

しばらくして、首筋にさくらさんのくちびるを感じました。
それって、作品とは、関係のない成り行きでしたが、
どうしてだか、私、嫌がりもしないで、そのまま応じていたのです。

細い喘ぎ声が出るのを、我慢することができませんでした。
主人と、Kさんに、レンズ越しとは言え、悶えだした身体を見られながら、
三人のいいように、私、感じ初めていたんですね。

20140101150717c6e.jpg

さくらさんの手が、私の下着の中に忍び込んできたときも、
うつろになっていた私は、なぜだか、拒むことができませんでした。
うっすらと濡れているのを知られるのは、きっと、恥ずかしかったはずなのに、
寄せられた彼女のくちびるさえも、ほとんど抵抗もすることなく、
自分から、舌を絡ませて、受け入れてしまっていたのです。

上手に、下着、脱がされたんですよ。
きっと、思いもかけないなりゆきに、カメラマンさんたちも、
ひどく、喜んでいたと思います。
続いていたシャッターの音と、柔らかなライトの中で、
私のふとももは、さくらさんの手で、
ゆっくりと、開かれていったのでした。

da419a3fd46d08d697659ab42dd02d55-630x905.jpg

おびただしい蜜液を流していた、つるつるの秘唇。
そして、上手なさくらさんの指に擦られた柔芽。
そんないたずらのために、
いくらもしないうちに、喜びの声をあげて仰け反った私の裸体。
私が思っていた作品とは、全然違ってはいたけど、
二人のカメラマンさんたちには、この上もない、被写体だったのだろうなぁ と、
今は、目を閉じて、そう、思い出すのです。

9fb6544eafed5a02c6572af272a25ede-630x441.jpg


「申し訳ない、下で待っててくれないか」
突然Kさん、ポロシャツを脱ぎだしました。
やだ、私の恥ずかしい姿に欲情したのかしら。
「6時には料理が届くことになってるから」
そう言うと、慌てるようにして、ベッドの上の奥様の上に被さっていったのです。

私は、主人に手を引かれて、
バスローブと下着を持つと、裸のまま、部屋を出ましたが、
閉じようとしたドアの僅かな隙間から、
「あぁ、パパ、すごい」って、
さくらさんの、やるせない甘い声が漏れ聞こえたのは、
仕方のないことですよね。

無題





関連記事
15:41  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。