FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

筆おろしの夜8

2014.04.16 (Wed)


次の日の午前中、新潟に帰る二人を駅まで見送りに行きました。
すっかり、打ち解けている様子の先生と葵さん二人は、
私たちのことが眼中にないようにして、身体を寄せ合い何かしらお話をしてます。
やだ、もう、他人じゃないのかしら。

4fd90970.jpg

研一君の「筆おろし」をしてあげられなかった私は、
数時間の列車移動の間にと、二人のために金沢牛のお弁当を買ってあげました。

200907255.jpg

「また、お会い出来たらいいわね」
そう言いながら、お弁当や缶ビールを手渡すと、
「順子さんのこと絶対に忘れません。今度会った時には、きっと…」
と、恥ずかしそうに研一君、言葉を濁しました。
今度会った時にはきっと… 私、こんどこそ、彼にとって初めての女性になるのかしら。
もしかしたら、本当にそうなるのかなぁって、思いながら、
グリーン車の窓から手を振っている二人を、笑顔で見送ったんです。

500_16137462.jpg

ところで、前の夜の先生と、葵さんのこと。
成り行きで、先生に抱かれることになるのかなぁって、
それも悪くはないわねって、ホテルのロビーまで行った葵さん。
幸か不幸か、その時になって、ご主人から急ぎの電話があって、
そのままひとりで帰宅したとのことでした。
ただ、それって、私にはわからない、
お二人にしかわからない、ひ・み・つ なんですよね。ふふ。

69ac779a.jpg

数日した午後、
今度は、新潟で私たち二人に会いたいと、先生からの連絡があったって、
嬉しそうな声の葵さんから、電話がありました。
思いがけないあの夜の続きは、
「筆おろし」の宿題を残したままの私に、再び訪れたんです。

ごめんなさい。そのお話は、また、今度ね。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg





関連記事
21:33  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。