FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

筆おろしの夜7

2014.04.14 (Mon)



彼が女性の中に初めて注ぎ込む、熱いおびただしい量の若い精を、
身体の奥にはじき出される。
大丈夫な日では、なかったというのに。

無題2

彼の大きなもの、迎え入れて、
その液を求めて、嫌らしく上手に腰をうねらせる自分を思った時、
思いもかけず、それだけで、
身体の奥がきゅんと絞まったように思え、
諦めたように目を閉じた私は、
下着を脱ぐために、ドレスの裾に手を差し入れたのでした。
恥ずかしけど、彼のもの、
欲しくて、欲しくて、我慢ができなくなってたんです。
パパ、ごめんなさいね。

e1fe676a.jpg

「ごめんなさい、もう」
その時、突然、二人の喘ぎ声の間に、彼の声が重なりました。
それまで以上に、早くなった彼の手の動きから察した私は、
慌てて右手を添えると、その動きを助けました。
それまで以上に張りと熱さを増した彼のものが、
私の手のひらに最初の震えを感じさせると同時に、
その先から、塊のような白い液を噴出し始めたんです。

28_201308050507431d6s.jpg

二度、三度と、膨れ上がる度に、射精は続き、
私の手は、彼の大切な液で、おびただしく濡れていました。
一瞬、彼のものを、お口に含むことを思いましたが、
やっぱり、それは、できませんでした。
人妻としての僅かな貞操が、それをさせなかったのでしょうね。

二人の喘ぎ声が少しずつ治まると、
私もやっと、落ち着きを取り戻すことができました。
テーブルにあったお手拭タオルで、彼のものをきれいにしてあげます。
時折、跳ねるような動きを見せる彼のものの先からは、
名残りの白い液が、流伝ってました。

「ごめんなさいね、初めての女性になってあげられなくて」
そんな言葉に、穏やかな息遣いに戻った彼は、
むしろ申し訳ないような表情を見せてくれました。

彼が望んでいた「筆おろし」は、やっぱり、できなかったけど、
思いもかけなかった桃色の夜は、こうして、ゆっくりと更けていったのでした

photo1.jpg



関連記事
20:50  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |