FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

筆おろしの夜6

2014.04.11 (Fri)


だって、彼のもの、これまで見たことないように、
びっくりするほど、大きかったんですもん。

彼、座り込むと、そのおっきなもの右手で擦り始めました。
そして、思い出したように、甘えながら私の胸に顔を埋めると、
さっきと同じように、乳首に吸い付いたのです。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

彼の手の中から飛び出してる、つやつやとしたものの先からは、
既に透明な液が、滴り流れてました。
乳首を吸われ続け、桃色の細い喘ぎ声を漏らしていた私を、
彼のその大きなものの姿が、追い討ちをかけるように襲いました。
かろうじて守っていたわずかな貞操の壁を、
彼のその大きなものの姿が、あえなく溶かし始めていたのです。

彼から求められたわけではないのに、
私はそれに誘われるように、右手を絡みつかせると、
その太さと硬さを確かめるように、ゆっくりとした動きを始めてました。
若者らしい硬さ以上に、とにかく驚かされたその太さと長さに、
身体の奥から、それに応えるようにねっとりとした女液が、
滲みはじめたのを感じていたのです。

22_20130805050659e67s.jpg

自分の身体であるはずなのに、自分では抑えきれないものが、
私の理性を覆い始めてました。
今、自分の柔らかな手のひらにある、
彼のこの大きなものを身体の奥に迎え入れる欲望に、
僅かばかり残っていた理性は、勝ることはできなかったのでした。

彼の、腰に慌てるように跨ると、その恐ろしくおっきなものに手を添え、
ゆっくりと腰を下ろしながら、
自分の秘唇を押し開らく彼のものを迎え入れる。
そして、彼が女性の中に初めて注ぎ込む、熱いおびただしい量の若い精を、
身体の奥にはじき出される。
大丈夫な日では、なかったというのに。

無題2

あぁ、パパ、ごめんなさい。


関連記事
20:48  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。