FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

筆おろしの夜5

2014.04.07 (Mon)


c978f0a2.jpg

本当は主人だけのものであるはずの、たわわな乳房が、
こぼれ出るように、彼の目の前に現れました。
彼ったら、ああって、細い声を上げると、
突然、むしゃぶりついてきたのです。
私がいけなかったのかもしれませんね。

「優しくするのよ、未来の彼女に、嫌われないように」
ちょっと力の入りすぎた彼の手のひらを制して、
そう、教えてあげました。
けれど、その私の声が、既に濡れているような声だったことに、
私自身が気づいてたように思えていたのです。

彼の唇が、私の乳首に吸い付いてきたときも、
むしろ、彼の髪を抱いて、彼のするがままに許してました。
慌てるような彼の舌使いが、逆にすごく心地よかったんです。

b07543cc5034be69020474b0c82f5abc-630x840.jpg

それにしても、どうして乳首って、こんなに感じるんでしょうね。
自分の身体の奥が、とろけるように流れ出していることがわかったし、
もう、どうされてもいいって、そんな感じになっちゃってました。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

彼、突然立ち上がると、
「ごめんなさい、自分で済ませるから」って、
そう言って、あっと言う間にズボンを下ろすと、
私の目の前に、跳ね上がるような彼ものが現れたんです。
きゃって、私、小さな声あげてました。
だって、私の前でひくついてた彼のもの、これまで見たことないように、
びっくりするほど、大きかったんですもん。

04_20130805050506ffcs.jpg




関連記事
17:41  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME |