FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

連休の予定2

2014.04.23 (Wed)

58b6891c.jpg

淡い光の中で、ベッドに座って、胸元に赤ちゃんを抱いてました。
二人の娘たちがお世話になった病室のようにも思えましたが、
そうではないようにも、思えました。
なぜだか私は上半身に羽織るものもなく、
裸の胸に抱いた赤ちゃんの顔を覗いてました。
私のふくよかな乳房に顔を埋めるようにして、
乳首を吸っている可愛らしい赤ちゃんの顔は、
もちろん、娘ではないように見えましたが、
可愛らしい唇に含まれた乳首からは、
穏やかな母性の波が身体中に広がっていたんです。

room-a.jpg

うっすらと、白いもやのかかったような中、穏やかな光の射す窓際には、
外を見下ろしている男性の背中が見えました。
その横顔が、ゆっくりと振り返り、私たちの方に顔を向けると、
私は、驚いて、あっと、声を上げそうになったんです。
だって、その男性、まぎれもなく、Tさんだったんですから。

「僕たちの赤ちゃんを産んでくれたんだね」
優しいTさんの言葉に、私は、あきらめたように、うなづくと、
もう一度、赤ちゃんの顔を覗いたのです。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

けれど、私の乳首に吸い付いているのは、
赤ちゃんではなく、
たった今、私に声を掛けたTさんでした。
そして、それは、母乳を求める赤ちゃんのそれではなく、
明らかに、大人の女性に快感を与える男性の、上手な唇と舌の動きでした。

afc2cc15e8c229ad2537afbc7fb10801-630x456.jpg

刺激を求め、硬くなった乳首からの快感のため、
私は、仰け反って、思わずTさんの頭を、自分の乳房に押し付けながら、
彼の名前を呼んでいました。
身体中に広がるどうしようもない快感が、そうさせたのでしょう。
いつのまにか二人とも、裸の姿で重なり合っていたんです。

無題1

短いアクメが私の裸の身体を何度か通り抜け、
思わず細い声をあげたようにして、目を見開きました。

夢の中と同じように、
私の乳首は、硬くとがって、甘ったるい快感を私の身体に送っていました。
パパの唇と舌は、夢の中以上に、上手に動いて、
私を悶えさせると、
おびただしく蜜液を流し始めていた私の秘唇に、
自分の固くなったものを繋げようとしてたんです。

1879-11s.jpg

「どんな夢を見ていたんだ?」
私の身体も心も、Tさんのことを迎える準備を、
もう、既に、完了しているのかもしれないと、
大好きなパパのものを身体の奥に迎えながら、
そう、私は観念したように思い、弓なりに仰け反ったのでした。

f49a3cf7-s.jpg

パパ、ごめんなさいね。
夢の中の出来事は、やっぱり、ひ・み・つ です。


金曜日の朝から、とうとう、彼と、
旅行に行くことになってしまいました。
そのことについては、ここには書けないかもしれないけど、
今は、ひどく困惑してます。


関連記事
21:11  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。