FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

筆おろしの夜

2014.03.22 (Sat)

冬に戻ったような日もありましたが、随分と暖かくなってきましたね。
兼六園の雪吊りも外され、春を待つばかりになりました。

今日は、早々と衣替えの準備第一弾。
今シーズンはもう着ることがない厚手のコートなどを、
クリーニング店に持っていく準備です。
だけど、まだ、早かったかなぁ。

そういえば、丁度今頃でした、あの人たちと、お会いしたのは。

数年前のその日、葵さんと春物のショッピングをいつものお店で楽しんだ後、
ランチを済ませ、食後の散歩に兼六園に行きました。
うららかな日和で、気持ちの良い午後を満喫していたのですが、
丁度、築山を背景に写真を撮っていた、
二人の男性の前を通り過ぎようとした時、
「シャッター押していただけますか」と、声を掛けられたんです。

満面の笑顔のロマンスグレーの紳士は、
早速、コンパクトカメラを葵さんに渡し、
もう一人の若い男性との写真を撮ってもらっていました。

images2.jpg

「今日は良い日です。
あなたがたのような美しい女性たちと、この街でのご縁ができたのだから」と、
紳士は喜んでいましたし、若い方も恥ずかしそうな表情でしたが、
笑顔を見せてくれていました。

聞けば、新潟の国立大学の卒業旅行に北陸に来られていたとのこと、
大部分の学生さんたちは、今朝帰路についたんですが、
お二人はもう一泊して、
昨日見ることのできなかったこの街の見学を、もう暫くするつもりだとのお話です。
ロマンスグレーの紳士は、文学部の準教授、
若い方のお名前は、研一君。今年大学院に進む学生さんとのことでした。

できればこの街の案内を、との先生のお願いに、
私たちも気持ちよく応え、早速、にし茶屋街や長町武家屋敷跡にお連れしましたが、
二人ともたいへん喜んでくれてました。

22.jpg

b080508c.jpg

先生と葵さんは、ほんの少しだけ歳の離れた夫婦のように、
後では腕を組んで歩いていたし、
私と研一君も、並んで仲良く見学をして、
それぞれが、楽しい午後を過ごすことができたんです。

6149000100249.jpg




関連記事
18:06  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。