FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

コテージでの過ち4

2014.03.15 (Sat)


「ああ、ごめんなさい、いっちゃうわ」
僅かの間で、桐子さんは身体を仰け反らせて、喜びの声を私たちに聞かせ、
二度、三度と、強い痙攣が訪れた薄桃色の身体を、私たちに見せたのでした。
ごくって、私は喉を鳴らしました。
恥ずかしい姿だったけど、桐子さん、綺麗だわ。

69ac779a.jpg

けだるそうな彼女が、
Tさんの身体から離れ、私たちが座っているベッドに戻ってきてゴロン。
Tさんの身体からは、まだ、満足していない逞しい男の人のものが、
取り残されたように、上を向いています。

どうすればいいのか、どんなことになるのか、
理解できないでいる私に、
「味わってみるかい」、
パパったら、とんでもないこと言いながら、
下着あっと言う間に脱がせ、何も着けていない私の裸体を、
強引にTさんの身体に引き寄せたのです。
「やだ、嫌いよ、絶対に、駄目よ」
なのに、Tさんもタイミングよく、私の身体を抱き寄せて自分の上に乗せたのでした。

1554-46s.jpg

裸の身体が、Tさんの肌と触れ合いました。
Tさん、私の腰に手を添えると、
自分のものの先で、早速、私の秘唇の位置を探り出したのです。
先程までの、Tさんたちの営みを見せつけられて、
うっすらと、潤いを帯びた私のものが、
やがて、Tさんのものを、しっかりと迎えることは間違いないように思えました。
とうとう、主人以外の男の人のものを、自分の身体に迎え入れちゃうんだ、
それも、パパの目の前で。

d36a9bd1c3236187b7ceca67693b2864-630x393.jpg

男の人のものを入れられてしまったら、最後には、相手の精液を求めながら、
喜びに達することは、大人の女である自分にはわかっていることでした。
私の秘唇の溝を探し見つけたTさんの硬いものの先が、
二度、三度、私のものを突き上げながら、秘唇をゆっくりと押し開き始めたんです。
駄目、もう、逃げられないわ。

IMG_1243-thumb-300x200.jpg<br />




関連記事
09:44  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。