FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

コテージでの過ち3

2014.03.12 (Wed)


子どもたちが、隣のコテージに戻ると、後は大人の時間。
って、いうか、もう随分頂いていて、ほろ酔いの状態。
桐子さんと、ざっと後片付けとお皿洗いをして、リビングに戻りました。

主人の隣で、お酒を注いだり、お摘みをお口に運んであげたりしてラブラブ。
Tさんたちも、仲良く身体を寄せ合いながらラブラブ。
ここらあたりまで、良かったんですけどねぇ。
それぞれの夫婦で入浴、二人ではちょっと狭いバスタブでしたが、
構わないわ、大好きなパパに抱っこされてのお風呂、幸せ。
明日のスキーのために、早目に寝室に上がりました。

a5e88a367f8ccb700757da146654746f-630x420.jpg

昨夜同様、私のベッドに忍び込んできたパパの胸で、
エアコンのお蔭で、下着姿のまま甘えて眠ろうとしたんですけど、
明らかに営みとわかる、桐子さんの可愛らしい声が聞こえてきたんです。
コテージの見取り図を見ていただくと分かるんですけど、
それぞれのベッドスペースにドアがないから、筒抜けなんですよ。

6n.jpg
6n.jpg

それに気づいたパパ、
「Tたち、覗きに行こうか」だって、
もう、駄目でしょ、そんなことしたら。
そういえば、Tさんの別荘でもこんなことあったわね。
なのに、主人たら私を抱き起すと、Tさんたちのベッドスペースに連れて行ったのです。

2014-02-22 16.05.59

薄っすらとした灯りの広がるベッドの上では、
Tさんの裸の腰に跨った桐子さんの綺麗な裸体が揺れていました。
両胸を掴んだTさんの手を握り絞めながら、
ゆっくりと前後に腰を揺すっていたのです。
時折、仰け反った細い喉から、気持ちよさそうな声が漏れ聞こえます。

無題5

Tさんたち、ごめんなさい。覗くこと止められなくて。
自分の胸には、後ろから身体を寄せていた主人の両手が被さっていました。
ブラをとっくに外された乳房は、パパの手の平の中にあって、
私の耳元に熱い息を当てながら、首筋にゆっくりと舌を這わせていたのです。

1534.jpg

頭の中が赤く染まり、私は主人に押されるがままに、
Tさんたちの隣のベッドに、腰を下ろしました。
桐子さんは、驚く様子を見せることもなく、ちらっと私たちを見た後は、
更に、腰の振りを早めていったのです。
桐子さんの身体の中に出し入れされる、Tさんのものが見えました。
二人のもので濡れたそれは、驚く程、大きく、太くなっていて、
私の混乱を強いものにしたのです。



関連記事
20:17  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |