FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

初めての人3

2014.02.27 (Thu)

彼が私の身体からゆっくりと濡れた男の人のものを抜くと、
いつの間にかつけてくれてた、スキンが目に留まりましたが、
その中には白い男の人の液が、驚くほど沢山溜まってました。
「ああ、私の身体を喜んで、あんなに沢山出してくれたんだ」
言葉にならないものが胸にこみ上げてきて、
思わず、先輩の胸にもう一度、恥ずかしそうに顔を埋めたんです。

生まれて初めて、男の人を、自分の身体に迎えたんだという感慨がありました。
大丈夫なのかなぁって、女として、男の人に喜んでもらえる身体なのかなぁって、
やっぱり、不安だったというのが、それまでの正直な気持ちだったんですよ。
そんな気持ちの中、初めてのお相手として、
上手に、私を女にしてくれたのが、先輩で良かったと、そう思えたんですね。

その夜は、殆ど、眠ることなく、
先輩の求めるままに、永い時間、抱かれ続けました。
よく、覚えてないけど、先輩、私の身体の中で、何度も喜んでくれたんだと思います。
それまで、知ってるだけだった抱かれ方の、そのほとんどを、
一晩の時間の中で実際に経験したんですよ。
彼の腰に跨って、下から突かれておっきな声出しました。
たわわな乳房を後ろから揉まれながら、シーツを握り絞めました。

45f8ab75d179c66c09958998463b1987-630x472.jpg

d6baba9b9ca188836b45d5102ca7b066-630x903.jpg

一度、シャワーを浴びた後、先輩のものお口に含み、髪を揺らしてました。
耳元で、私の身体が強く締め付けてるって、熱い息の中で言われました。
どれも、これも、先輩から誘われながら、
どうすれば、男の人が喜ぶのか、どうすれば、私自身が良くなるのか、
上手に教えてくれたんです。

e1590a0e6552bf62d20b3b30569dd0a2-630x495.jpg

そして、驚いたのは、初めて男の人をその夜に迎えた身体だったというに、
女として登り詰める喜びを、最後にはしっかりと教えてくれたことでした。
恐ろしいような喜びの予感に、私は目を閉じながら彼の背中に両手を回すと、
初めての夜に、思いもかけず、女としての幸せな喜びの時を迎えたのでした。

9df0b237-s.jpg


関連記事
21:15  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |