FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

雪景色の街2

2014.02.16 (Sun)


「Tさんって、抱かれてどうなのよ。上手?」って、葵さん。
「お願い、いじめないでよ。そんなこと、本当にないんだから」
「主人たら、ぞっこんなの。
順子、綺麗で上品な顔してるのに、いやらしいおっぱいがたまらないって」
桐子さん続けます。

4b528ee6-s.jpg

「何日か前、私のこと順子だと思って抱いたらって、言ったら、
怖いくらい乱暴に突かれて、いっぱい出してくれたわ
まあ、それで、それで、私は幸せだったけど」
私、桐子さんの話、目を伏せて、聞くしかありませんでした。
「いいんじゃないの、旅行。行ってあげなさいよ。
 ご主人も、許してくれるんでしょ」って、葵さん。
「主人のおっきいし、上手だから、きっと、順子喜んでくれるわ。
 でも、赤ちゃん、大丈夫な時にしてね」
えっ それって、Tさん、私の中に、そのまま出すってこと! 
軽いめまいが、私を襲いました。

9df0b237-s.jpg

「ああ、やだ、主人の、思い出しちゃったわ」
そう言うと、桐子さん、窓の下に広がる、新しい雪に覆われた街を、
ちょっと、濡れた目で眺めたのでした。

「桐子も良いっていってるんだから、行ってきなさいよ、Tさんとの新婚旅行 ふふ。
いいんじゃない、二人の旦那様に愛されるなんて、女として幸せよ。旅行、決定ね。」
って葵さん。
ばかぁ、そんなこと、できるわけないでしょ。
勝手に葵さんたち決めちゃって、困るわ、ほんと。
なのに、なぜだか、私の乳首。
ブラの中で、キューって硬くなったのを感じたんです。
まるで、Tさんに吸われた時みたいに。
ああ、どうなっちゃうんでしょうね。私の身体、
自分の貞操守る自信、もう、なくなってきちゃいました。

afc2cc15e8c229ad2537afbc7fb10801-630x456.jpg

そんな私の様子を笑うかのように、
見下ろした、この街を包んだ真っ白な雪は、
あくまでもけがれのない、潔癖な装いだったのです。

IMG_3797_s.jpg




関連記事
09:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。