FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

雪景色の街

2014.02.15 (Sat)


本格的な雪の季節を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、気温に対しては、いたって鈍感で、
毎日、殆ど変わらないような生活をしていますが、
流石に、この二、三日の、雪には驚いています。

20140204-540869-1-N.jpg

例年通り、家族で行くスキー旅行のために、
今日は、お買い物に行ってきました。
スキーには、Tさん家族と一緒、うちと家と同じ年頃のお嬢さんお二人なので、
いつも、子どもたち楽しみにしてるんですよ。
私としては、Tさんといろいろなことがあって、ちょっと、心配なんですけど。

一緒に行く桐子さんと、今回はご主人の仕事の都合で行けない葵さんと、
行きつけのスキーショップにお邪魔して、
春先に向けて少しお安くなっている上下のスキーウエアをチョイス。
子どもたち用の小物も買い込みました。
今から、ゲレンデが楽しみ、楽しみ。

ランチは、三人でホテルの30Fにあるスカイラウンジで、
パンケーキランチを満喫、
ちょっと周りの目を気にしながら、ボトルでワイン注文しちゃいました。
美味しかったですよ。
パパはお仕事中なのに、ごめんなさい。

main_photo_rest01.jpg

img_pancake.jpg

「前に滑ったときから、ターンのタイミングが思ったようにいかないの」
って、桐子さん。私と一緒に、国体スキー予選会に参加しているから、
とっても上手なんだけど、へぇ、そんなこと、考えて滑ってるんだ。
話題になっている料亭「金茶寮」のことも話題になりましたよ。
きっと素晴らしいだろうなぁって、一度は行ってみたいって、皆で言ってたんですが、
ワインのせいかしら、だんだん、怪しい話に。

「うちの主人たら、順子と二人だけで、旅行行きたいって言ってるわ」って、
驚いて顔を上げ桐子さんの顔を見ると、
「私はいいのよ、順子が良ければ。
そうなったからって、私たちが、分かれるなんてことにはならないから」
もうやめてよ、昼間っからそんな話。
「本当のところ、あなた、Tさんにもう、抱かれてるんでしょ」と葵さん。
「そんなことないわ、絶対。本当よ」
私、おかしいほどに髪を揺らして、小声でそう言いました。 
「あら、何 その慌てよう。やっぱり、そうなのね」
葵さんは、笑いながら、私のこと、冷やかしたんですよ。

9df0b237-s.jpg

私の顔、きっと、赤く染まったと思います。
抱かれてないってこと、嘘ではないんだけど、
別荘ではTさんの思うがままに、
両乳房をいいように揉まれ、裸で抱きしめ合い、
お互いに濡らしたところさえ、その後、何度もこすり合わせてもいたんです。
このことって、桐子さんも葵さんもきっと、知っていることですよね。
ただ、Tさんの男の人の液、兼六園の暗がりの中で、
あんなに沢山飲まされたことだけは、話せるはずもありませんでした。
でも、桐子さん、きっと知ってるんだろうなぁ。

9ccff1be.jpg

唇だけは許してはいないんですけど、
それって、何の言い訳にならないですね。


関連記事
10:30  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。